So-net無料ブログ作成

犯罪者産む技能実習制度 [その他]

●外国人労働者を犯罪に追いやる技能実習制度の闇

・ベトナム人検挙件数が増える背後にある構造的要因

6月25日に放送されたNHKの番組「ノーナレ 画面の向こうから-」が
大きな反響を呼んでいる。

番組宛てにSOSを送ってきたあるベトナム人技能実習生。
彼女から送られてくるメールには、劣悪な住環境の中、
休みもほとんどなく、低賃金で長時間の労働を強いられ
追い詰められている技能実習生たちの姿があった。

技能実習生、留学生の死亡が異常に多い。
法務省は、2012~17年に171人の実習生が亡くなっているというが、
実数ははるかに多い。
その一方で、在日外国人の数が増加の一途を辿っているが、
実は外国人の検挙件数が減少していることはあまり知られていない。

ただ、その中でも数少ない例外として、
ベトナム人の検挙件数は増加傾向にある。
しかし、その背景には、技能実習生や留学生を犯罪に追いやる
日本社会の問題があるのではないか。

・法を犯さなければ借金が返せない

―― ベトナム難民2世のグエンさんは、通訳者として
   検挙されたベトナム人の弁護活動に関わっています。
   技能実習生、留学生による犯罪の実態はどのようなものですか。

グエン:
検挙されるベトナム人の大半は技能実習生や留学生です。
彼らは多額の借金を抱えているので、それを返すまでは帰国できません。
そのため、実習生は劣悪な労働環境の実習先を失踪して働いたり、
留学生は法律で決まっている週28時間を超えて働いたり、
ビザの期限が切れても不法滞在をして働くことになります。
その結果、不法滞在者・不法就労者になってしまうのです。

彼らの多くはその事実を隠すために偽造在留カードを持っています。
ネット上では在留カードの偽造ビジネスが流行っていて、
「氏名」「生年月日」「顔写真」を申請するだけで
偽造カードを作ることができます。
日本、中国、ベトナム系の業者がおり、相場は7000~3万円です。

不法滞在、不法就労、偽造在留カード(作成、所持、行使)の罪は
ほぼ三点セットになっており、
それ以外の余罪が加わることも少なくありません。

彼らの多くは賃金の高い東京にいます。
今日はこうして新宿で待ち合わせましたが、
この新宿だけで何千人のベトナム人が捕まったか。
「犯罪者」にならなければ借金が返せない現実があります。

―― 不法就労にはどのような仕事が多いのですか。

グエン:
佐川急便やヤマト運輸での倉庫の仕分け、タクシーなどの洗車業、
ホテル清掃、コンビニやスーパーのアルバイトなどです。
特にホテル清掃などでは
仲介業者が不法就労だと分かった上で仕事を斡旋し、
雇用主は何も知らない場合もあります。

―― それ以外には、どのような犯罪がありますか。

グエン:
いちばん多いのは窃盗です。
個人レベルでは生活苦からスーパーで万引きをするといった程度です。

一方、集団レベルでは盗品の転売目的で
ユニクロやビックカメラ、ドンキホーテ、ドラッグストアなどでの
集団窃盗が目立ちます。
借金を返すためにやむをえず手を染めている人間もいれば、
ビジネスにしている人間もいます。

それが行きすぎると、集団強盗になります。
すでにドラッグストアを狙った強盗は数千件、
個人宅を狙った強盗も数百件に上っているはずです。
私が担当した中には、個人宅に押し入って
1000万円相当の現金・貴金属を盗んだケースがありました。
ベトナム人にそんな大金がある家を特定できるはずはないので、
裏で指示を出している人間がいるのでしょうが、
背後関係までは明らかになっていません。

それ以外には、ベトナム人同士のトラブルが多い。
ベトナム人は出身地ごとにグループを作っているのですが、
その間で傷害事件が起きています。
私の知る限り殺人はありませんが、殺人未遂は2~3件ありました。

・犯罪の温床と化す技能実習制度

―― 検挙されたベトナム人は、どのような人たちですか。

グエン:
私が支援すべき相手は、もうすでに犯罪を行ってしまった人たちであり、
出会った時点で強制退去は確定しています。

私はこれまで2000件近くの案件を担当してきましたが、
その中でも実習先で酷い目に遭い、借金を返すために
法を犯さざるをえない状況に追い詰められてしまったケースが
多いのは事実です。本来通訳は中立であるべきですが、
「出来るだけ罪を軽くして少しでも早くベトナムに帰してやりたい」
と被疑者に有利なように意訳することもあります。

ただその一方で、自ら悪の道に進んだ人間もいるわけです。
そういう時は「本当に助ける価値があるのか」と
やり切れない気持ちになることがあります。

―― 間違った制度の在り方が実習生たちを犯罪に追い込んでいます。

グエン:
はっきり言うと、現在の技能実習制度は
日本政府やベトナム政府、監理団体、企業などが
寄ってたかって実習生をカモにして利益を上げるシステムになっています。
この利権構造を維持するためには、その実態がバレてはならない。
そのため、政府や管理団体、企業は
実習生に伝えるべきことを伝えていません。

実際、実習生は驚くほど無知です。
たとえば、実習生は実習先から失踪した時点でビザが失効するのですが、
失踪者の大半はそのことを知りません。
これほど基本的な知識すら与えられていないのです。

しかし、実習生はやがて自分が騙されたことに気づき、
実習先から失踪して不法就労を行い、場合によっては犯罪に走ります。
いま起きているのは、日本に対する実習生のしっぺ返しではないですか。

結局、現在の技能実習制度は
日本・ベトナム両国の利権構造であると同時に、
犯罪の温床にもなっているのです。
日本政府は入管法を改正して技能実習制度に変更を加えましたが、
これほど間違った制度は修正するのではなく廃止すべきです。

日本政府が外国人労働者を必要とするならば、
現在の制度を全廃した上で、
新たに一から公平な制度を作るべきだと思います。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00195560-hbolz-soci&p=1

共通テーマ:blog