So-net無料ブログ作成

ドッジボールは子供に悪影響 [その他]

誰もが子供の頃プレイしたことがあるであろうドッジボール。
様々なローカルルールはあるものの、
敵チームの身体にボールを当ててその勝敗を競う。

ドジでのろまタイプの人は真っ先に狙われがちで(私がそうだった)、
運動能力の高い人に思いっきりボールをぶつけられるわけだが、
現在このスポーツに批判の声が上がっているという。

カナダの研究によると、ドッジボールは子供に
特定の条件下なら「他人を攻撃しても良い」という認識を植え込み、
非人道的にしてしまうというのだ。

・ドッジボールが子供たちを非人道化させる

カナダ・ブリティッシュコロンビア大学の教育学博士、
ジョイ・バトラー率いる研究チームは、
体育の授業でドッジボールをプレイしたことのある中学生を対象に
調査を行った。

その調査結果を、政治哲学者のアイリス・マリオン・ヤング氏が提唱する、
相互行為の構造上の5つの抑圧プロセスに照らし合わせて分析してみた。

抑圧は自我の基本的な防衛機制をいう。
容認しがたい観念や記憶を意識から追い出し、
無意識領域のなかに閉じ込めようとするものだ。

5つの抑圧プロセスは、
「搾取(人を利用する)」、
「周縁化(人の地位を奪う)」、
「無力化(人の自立性を奪う)」、
「文化帝国主義(支配体制を築く)」、
「暴力(攻撃)」
である。

ドッジボールをプレイした後のヒアリング調査から、
子供たちの行為はこの5つの抑圧プロセスと
かなりの部分で一致していたという。

プレイ中、力の弱い女子たちは怯えて逃げ回る。
逃げ遅れた生徒にパワフルなボールをあてる生徒。
力の強い生徒はグループを組み、特定の生徒を集中して狙っていた。
そしてグループ以外の生徒を次々と排除していった。

・ドッジボールは教師に容認されたいじめ

ジョイ・バトラー教授はワシントンポストの取材に対してこう応えている。

例えそれがやわらかくて痛くないボールを使おうと、
他の生徒をボールで叩いても良いという条件を教師が容認してしまうと、
生徒の心には何かしらの思惑が芽生えてしまうのです。

考えてみてください。
教師が生徒に集団で攻撃しても良いという許可を出すのです。
ここから生徒はどんな事を学ぶでしょうか?

人によってはドッジボールが攻撃性とカタルシスを促すという人もいます。

本来は攻撃性や怒りをコントロールすることを覚えさせるための
体育という授業が、ドッジボールでは真逆の事を教えているのです。

運動が得意な子供にとっては
ドッジボールはエネルギーを発散させる為の
よい機会となりうるかもしれない。

だが、そうでない子どもにとっては我慢を強いられているだけであり、
運動が苦手な生徒にとっては
拷問のような苦痛を味わうことになるかもしれない。
それが教師公認の元に行われているのだ。

バトラー教授らは、
すぐさまドッジボールを禁止せよと言っているわけではないが、
ドッジボールに負の一面があることをわきまえたうえで、
全員を強制参加させることなく、ルールを改正したり、
別の選択肢を与えるなどの必要性はあるだろうと語っている。

http://karapaia.com/archives/52275760.html

------

でしょうねって感じ。
そもそも友達に物ぶつけて喜ぶとか正気の沙汰じゃない。

許可された暴力ほど人間にとっては甘美なものはないからね...
思考が未熟な子供時代なら余計尚更楽しいし、
逆に植え付けられる屈辱も大きい

功罪色々あるだろうけど
人間関係の縮図っぽい部分はあるから
子供の残酷性や暴力性というより
人間ってこういうもんだ、ってのが増幅されるよね
鈍い子を標的としてしか見ない子とか
逆に率先して壁になってボールを受けてくれる子とかさ
確かに社会性や運動能力の発達途上の年頃の子供にやらせるには
ちょっと酷な気もするな

もう子供にスポーツもゲームもさせられないな
オリンピックも全員で手を繋いでゴールするようになるのかな

ゲートボールの陰湿さと来た日には、チビりますよ。

・世の中には優秀な人間と、そうじゃない人間がいる。
・優秀な人間は仲間のために活躍しなければいけない。
 そうしないと仲間も含めて勝利ができない。
・そうじゃない人間は、
 仲間の足を引っ張らないように立ち回らないといけない。
人間にとって大切なことを教えてくれるスポーツだと思う。

小学生の頃にドッジボールを嫌がっていた俺は間違ってなかったわ。

自分は得意だったから楽しかったけど、
女子は弱いからできれば入れないようにしてたな
でも護衛みたいにボールをキャッチして女子を守ると
株が上がったんだよなー(いい思い出)
突き指もするし顔に当たって泣いちゃう子もいたし、
弱すぎて投げさせてもらえない子もいたし
当時は考えもしなかったけど思い返すと過酷な遊びだった

こうやって子供の遊びを危険だから害悪だからと取り上げていったら
何が残るのだろう
遊びを子供に返してあげて

わかる、理屈としては十分わかるんだけど・・・
そんなに目くじら立てるほどのことかと。
自分も運動は全然ダメだったけど、
逃げ回っているだけでも全身動かしてて結構楽しかったな。
ルール単純だし、野球やバスケの類より参加できてる感はあった。
「ボールを投げつけていいのは競技内だけ」は徹底して教える前提で、
指導者の監督のもとであれば、さほど問題ないような気がする。

バレーボールは終わった後手の内側が赤い内出血だらけになるよね

定位置、外野

バーンと顔面あたって鼻血出た子もいたしなあ

こわい
いたかったよ

「負の面もあるから
『スポーツはみな素晴らしいもの!』って盲信しないで、
それなりの指導や工夫が必要だって事も覚えておいてね」
「特に小さな子供への影響ってこんな事もあるよ」
って感じでしょうか。
その「負の面」を体験する事自体が
社会を学べる一面もあると言えるかもしれませんが、
それが「学び」になる為には
やっぱりそれなりの指導や工夫が必要なんじゃないかなと思います。
それが出来ないならそれは子供にとってただの
「教師に容認された暴力的な遊び」としてしか記憶に残らない、
という事なのかなと思います。

共通テーマ:blog