So-net無料ブログ作成

終身雇用制は終わり [その他]

トヨタ自動車の豊田章男社長が、
「終身雇用の継続は難しい」との認識を示し、議論が起きている。
豊田氏は、5月13日の記者会見で日本自動車工業会・会長として、

「なかなか終身雇用を守っていくというのは
難しい局面に入ってきたのではないかと」

「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」

などと述べた。
一方、中途や派遣の社員にとっては
「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」としている。

この発言は自動車業界全体としての認識を示したものだろうが、
トヨタといえば今月8日の決算発表(2019年3月期)で、
売上高が30兆円を超えたと発表したばかり。
終身雇用が崩れてきたことは多くの人が分かっていたものの、
日本を代表する大手企業のトップがここまで明言した事実は大きい。

テレビ朝日他がこれを伝えると、ネット上では批判や動揺の声が相次いだ。

「労働者側も安月給で働くインセンティブがなくなるぞ」

「自分達の都合で残したり廃止したりしてるだけ
 あまりにも虫が良すぎて屑過ぎ」

「日本一稼いでる企業がこんなこと言ってたら働きたいと誰も思わんがな」

「なら新卒一括採用をさっさと止めろ」

など、激しく噛みつく人が続出している。

また、

「事実なんだろうけどそんな事軽々しく言ったら
 優秀な新卒にトヨタ避けられるかもよ?」

という指摘や、

「もう方向性は決まってて、アナウンスのためにすぎない」

という冷静な分析も。

「今までの日本での価値観は捨てないと大変なことになるね」

と指摘している。

一方で、

「終身雇用は理想の一つだけど
 だからと言って無駄飯食いをずっと雇い続けるのも無理があるわけで」

と理解を示す人も意外と多い。

「ポンコツ老害社員がサボりながら空威張りしてた時代は終わったわけだ。
 自業自得ではないか」

「会社にメリット(売上)がある人材しか残さないのはあたりまえだろ。
 中小は当然のようにやってきたのが、大企業に波及しただけでしょ。
 使えないぼんくらは飼いませんよって当たり前の話」

これらの指摘は、社員全員の雇用の安定が、
企業の維持や成長につながるとは限らないことを示唆している。

中には、

「社員の生活なんぞに責任負ってリストラ遅れたら
 どこでも命取りになるやろ」

といった経営者目線の突き放したコメントも。

「いよいよ45歳定年か。ワクワクするな」

という皮肉もあった。
人生100年時代と言われる中、気が遠くなる現実だ。

終身雇用を巡っては、経団連の中西宏明会長も先月19日、
「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言している。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190514-55662742-careercn

共通テーマ:仕事