So-net無料ブログ作成

寛容のパラドックス [その他]

何故世の中は「宗教を考慮しろ」がデフォルトスタンダードになったのか
ハラルフードを出せとかお祈りするところを用意しろとか土葬を許せとか
食事前に十字架を切らせろとか
そんなの自己責任じゃんか

宗教は恐ろしい

こう言っても「視野を広げたほうが良い」と言われる

むしろ視野が狭いのは宗教の信者だよなぁ

でも宗教やってる奴らって
無宗派に一切配慮しないよね

むしろ攻撃してくる

合意できるが、それを理由に宗教を全否定はどうかと思うけどね
学べるところはある

宗教学としては学べるところがあるよ
例えば、「豚を食うな」は
当時の保存技術として進んでいなかったから食うなと言っただけで
現代では食わないのは論理的ではない

倫理の基盤が宗教だからだよ。
お前が正しい行いだと思ってることは宗教に拠る所が大きいんだよ。
まあ、それでも一神教原理主義は叩いてもいいと思う。

テロが悪いんや

イスラム教徒が
「テロで印象悪くなるけど
いいイスラム教徒もいるんです!理解してください!」
というがお前が尻拭いしろやと思うわ

出来る限りは色々な人が
気持ちよく過ごせる世の中にしてあげたいと思っている。
でも「考慮しろ」と当人に言われると拒絶反応を起こす。
そんな日本人像。

気持ち良くなるのは「考慮しろ」って言った当人だけだからw

普通に生活してる無宗教になにを考慮しろと言うのか

宗教信者が考慮する事であって
世の中が考慮する事ではないでしょ

例えば、社内食堂にハラルフードを入れろというクレーム
そして、軒並みのメニューが上がる

クレームする人が考慮するべきだろ
それのメニューを増やすのは集客目的だったり企業努力とかだろ

わざわざ少ない2桁にも満たない外国人研修生のために値上がりするんだぜ?
特に外に宣伝することはないし
俺らが圧迫されてマイノリティのために金を出す

道路で時間だから礼拝させろってなっても仕方ないよね
外国人呼んでるの日本だし

それを呼ばないでほしいねん

ただの集客努力やねん
世の中に求めているというより街に求めてんねん

それでなにが起こりましたか?
フランスの難民問題ですよ

総ての戦争は宗教戦争である

多様性を肯定する社会を求めることは
多様性を否定することさえと容認することではない

なんで?

自由を否定する自由まで認めたら自由が成り立たない的な

だからおかしいんだよ
挙げ句の果てに寛容のパラドックスなんて
わけがわからねぇことを言われたし

宗教は冠婚葬祭以外は個人的にひっそりやるもの

普通の日本人は宗教なんか興味ない

宗教には興味ないけど
向こうから押し付けてくるなら文句も言いたくなるわ

考慮してほしいなら
考慮してもらうだけのメリットを提示しなきゃいけないのが普通だよね
自分たちのルールが絶対で
それが守られてないのがおかしいんだっていう態度になってるから
嫌われるんだよ

寛容性の問題やと思うけどな。
無宗教じゃないとだめなの!ってのも立派な押し付けやと思うよ。

除夜の鐘うるさいからやめろとか盆踊りうるさいとか言われてるんだから、
イスラム教徒ふえたら、クレーマーvs宗教になるな

グローバル化の問題もある
宗教が全ての規範となってる国もあるからね
日本では意識しくいだろうけど
道徳や法律、命の上に来るのが宗教だったりすると
無理に規制すると返って酷い事になる

寛容のパラドックスがわけわからんとか言うのはどうかと思う
極端な例を言うなら快楽殺人嗜好の人間とは仲良く生きることはできない
宗教もポリコレも「俺を配慮しろ」のエゴでしかない
価値観の多様性とはいえ最低限のそういう価値観は一致させるのが必須

別に宗教に限った話でもないよな。
同性愛者とか菜食主義者とか少しでも気を利かすと途端に気を大きくするし
そういうもんだから商売的にハラルとかどっかがやり始めると
他所にも圧力がかかって迷惑なんだよなあ。
コンビニとか接客業の行き過ぎた接客と
無茶なクレーマーの出現と同じ構図だね。
こういうのって際限が無いし。

共通テーマ:blog