So-net無料ブログ作成
検索選択

コレクション壊され妻を殺害 [その他]

●妻にスター・ウォーズグッズ壊され殺害

配偶者に大事なコレクションを壊されたり、
捨てられたりする悲劇は洋の東西を問わないようだが、
それがさらなる悲劇を生む事件が起きてしまった。

英国の熱狂的なスター・ウォーズファンの男性は、
その趣味を「子供っぽい」とけなす妻との折り合いが悪く、
妻からDVを受けていると役所に相談することもあったという。

そしてある日、かんしゃくを起こした妻が
「あなたの人生を地獄にしてやる」といい、
数十万円の価値があるとされるスター・ウォーズグッズを破壊してしまった。

このことに怒った男性は、妻の殺害という凶行に及んでしまう。
大変なことしてしまったと母親のもとへ行き、自首を促され出頭。

裁判では妻から「切り刻んで食ってやる」と武器を持って脅されたことや、
「もう宝物を壊されたくないという恐怖があった」と証言するも、
殺人罪で懲役12年の判決を受けることに。

ネットでは
「暗黒面に落ちてしまった…」
「不幸な結婚で不幸な結末だ。離婚するなど解決法はあっただろうに」
「自分はロックのアルバムを全部捨てられた。
 その日のうちに離婚手続きを取ったよ」
「おもちゃで殺人なんて。ひどすぎる」
「おもちゃで逆上して破壊するなんて。ひどすぎる」
「決めた。自分のオタク趣味は配偶者には秘密にする」
といったコメントが寄せられている。

http://www.narinari.com/Nd/20170342846.html

------

いつものはよ

---

上にコレクションについての話がありましたけど
私は夫のコレクションを捨ててしまって後悔した立場でした
鉄道模型でしたけど

かなり古い模型がまさに大量(線路も敷いてて一部屋使っていた)
という感じでした
結婚2年目ぐらいから「こんなにあるんだから売り払ってよ」
と夫に言い続けたのですが
毎回全然行動してくれずに言葉を濁す夫にキレてしまい
留守中に業者を呼んで引き取ってもらえるものは引き取ってもらいました

帰ってきた夫は
「売り払ったお金は好きにしていい」「今まで迷惑かけててごめん」
と謝ってくれました
残っていた模型も全部処分してくれたのですごく嬉しかったです

でもその後夫は蔵書をはじめ自分のもの全てを捨て始めてしまいました
会社で着るスーツとワイシャツや下着以外は服すらまともに持たなくなり
今では夫のものは全部含めても
衣装ケース二つに納まるだけになってしまって

あまりにも行きすぎていて心配になり
色々なものを買っていいと言うのですが
夫は服などの消耗品以外絶対に買わなくなってしまい
かえって私が苦しくなってしまいました

これだけ夫のものがないと
夫がふらっといなくなってしまいそうですごく恐いのです
こういう場合ってどうしたらいいんでしょう

---

旦那の心情を察すると泣けてくる

殺すのはよくないけど殺されても仕方ないだろ

結婚しなければこんなしょうもない争いせずに済んだろうに

いや、離婚すればいいだろ
すぐにできなくても別居はできたろ
つかここまであわない人間と結婚すんなよ

どうしてこういう妻を選んだのか
共通の趣味の女性には心動かなかったのか
今ならSNSで出会えるだろうに

おもちゃじゃなく歴史なんだよ
人格否定なんて低いレベルのもんじゃない

女というものはどうして勝手に捨てるんだろうな

人の気持ちを理解できない人に多い。

暗黒面に落とされたかw

コレクターは趣味を理解してもらえる嫁じゃなければ
結婚するなってことだな

俺も買い集めたアイドルビデオを黙って処分された
今なら一本万単位で売れたのに

俺は目の前で叩き割られた
女って何であんなに気違いなんだろな

自分の物じゃないのに
勝手に人の物を捨てられるぶっとんだ精神はすごいよな

ちょっと犯人に同情した

これ中年になると気持ちが痛いほどわかる
好きでもない仕事に縛られる凡庸な人間にとって
趣味とはまさに人生、生きる意味そのもの
それが壊されたら俺も自分を抑えられる自信がない

よく言われるのが「自分の趣味に女房を巻き込め」だよな。
でもさ、趣味の時間にまで女房が介入してくるのってヤダな。

でもお前らだって家の中が嫁のコスメグッズとか
嵐のポスターで埋め尽くされたらムカつくだろ
それと一緒だってばよ

邪魔だなとは思うけど勝手には捨てない
自分は思い出詰まった大事な本を二足三文でブックオフに売られた
本棚にちゃんと整理しといたのに
あれは一生許さない

夫が趣味に使う時間は
自分への奉仕に使うべき時間
夫の収集物を置くスペースは
自分の物を置くべきスペース
夫が趣味に使う金は
自分が使うべき金
これが女

理解してもらえる嫁なんぞ存在しないよ
女には一生理解できない
妥協するか諦めるかしてるだけだ
なんたって、嫁を殺害した男の気持ちが男には全員わかるからな

価値観が随分違うのになんで結婚した&離婚しなかったのだろう?
それで一緒に暮していたら殺し合いも起きるよ

スターウォーズグッズにかまけて小遣い以外の金も使い込んだり、
共有スペースを侵食したり、
家族サービスをおざなりにしていた可能性もあるので
これだけではなんとも言えない

男は結婚したら己の楽しみはすべて捨てて
死ぬまで嫁子供の奴隷とならないといけない
これじゃ結婚したがる男が減るはずだ

こういうのは世界共通なんだな…

共通テーマ:blog

食料の3分の1は捨てられている [その他]

・世界の食料廃棄の現状

世界中で生産された食料の『約 1/3』が毎年ゴミとして捨てられており、
この食料廃棄は温室効果ガスの3番目に大きな排出源となっている。

2050年90億人に達する地球の人口
増加の一途をたどる人口の食料は、本当に確保できるのか。

・日本の食料廃棄量

日本の食品の半分以上は、世界から輸入したものです。
私たちは年間 5500万トンの食糧を輸入しながら、
1800万トンも捨てています。

食糧の廃棄率では世界一の消費大国アメリカを上回り、
3000万人分(途上国の5000万人分)の年間食料に匹敵しています。

日本人は毎日、おにぎり1~2個を捨てている。
この数字、いわゆる「食品ロス」から試算したもの。
これは、世界全体の食料援助量の2倍にあたり、
日本の米収穫量に匹敵するという。

日本の食品廃棄の実に半分以上にあたる
1000万トンが家庭から捨てられています。

しかし、食品流通の分野においても、
「3 分の 1 ルール」と呼ばれる
納品・販売期限に関する商慣習が浸透しており、
食品ロスにつながっている。

政府広報によれば、日本では年間1900万トンの食品廃棄物が出ており、
これは世界の7000万人が1年間食べていける量だという。
民間の調査では、2700万トンという報告もある。
そのうち、まだ食べられるのに捨てられてしまうもの、
いわゆる「食品ロス」が500万トンから900万トンもあるといわれている。
日本は食料の多くを海外からの輸入に頼っているが、
その半分近くを捨てていることになる。
金額にすると、111兆円にものぼるというデータもある。

https://matome.naver.jp/odai/2140438890493793301

共通テーマ:blog

食い物残すのってそんな悪い事? [その他]

●「ラーメン二郎」で大盛りを食べ残した客は本当に悪いのか?

・ラーメン二郎で<食べ残し>

世間を賑わせている話題があります。

それは、<食べ残し>です。

有名なラーメン二郎でのできごとでした。

店主が「大(大盛り)」は
分量が多くて食べられないからと提言したにも関わらず、
客が「大」を注文して半分以上を食べ残しました。

店主がこの時の様子や怒りをTwitterに投稿して大きな話題となり、
拡散されて議論を呼んでいます。

この件に関しては、
「食べ残した方が悪い」「この客は食べ物を粗末にしている」
「出禁にされるのも当然」「客は神様ではない」
など、二郎の店主を支持する意見がほとんどを占めています。

・海外では

日本人の感覚からすると
「食べ残すことはいけない」「食べ残しはもったいない」
というのが多いと思いますが、他の国では<食べ残し>に対して、
どのような感覚を持っていたり、対処していたりするのでしょうか。

アメリカでは、食べ残したものは
「ドギーバッグ(Doggy Bag)」や「トゥーゴーボックス(To Go Box)」
と呼ばれる入れ物で持ち帰って食べます。高級レストランであっても、
ほとんどのレストランでは食べ残したものを持ち帰ることが可能です。

地域によって違いますが、ヨーロッパでもある程度は
食べ残したものを持ち帰ることができます。

アメリカでもヨーロッパでも
<食べ残し>はもったいないと考えられているので、
持ち帰って食べられるようになっているのです。

中国を始めとして、韓国やタイなどのアジアでは、
<食べ残し>に対して寛容な時があります。

中国では、来賓としてもてなされたら、
お腹が一杯であることを示すためにも
食べ残すことがマナーと言われています。
ただ、自身の経験からすると、私は少し違った見方をしています。

例えば中華圏では、
客が食べ足りないことを最も恐れるので、
もてなす方がたくさん注文します。
そうなると、客は必然的に全てを食べるのが難しくなり、
<食べ残し>せざるをえなくなるのです。

また、普段の食事に関しては、
食べ残すことを何とも思っていないわけではなく、
アメリカと同じように持ち帰ることができます。

日本では、食中毒の発生など衛生面を考慮して、
店が食べ残し物の持ち帰りを許可しないことがほとんどです。
そのため、食べ残した物を持ち帰るという風習がありません。

これは即ち、
<食べ残し>がそのまま食べ物の廃棄につながるということであり、
それが<食べ残し>がもったいないという考えを
促しているようにも感じられます。

・本当に悪なのか

以上述べてきたようなことも含めて、
私は<食べ残し>はよいと考えていませんし、
食べ物を紹介する仕事を行っていることからも、
生産者や作り手に対して尊敬の念を持っているので、
食べ残すことはまずありません。

食の業界の未来を考えても、よくないことだと認識しています。

従って、冒頭で紹介した二郎の件については、
提案を聞かずに食べ残した上、
そのことを何とも思っていないような客に対して
残念な気持ちを抱いています。

また、店主の気持ちもよく理解でき、
客がほぼ一方的に批判をされるのも仕方がないと考えています。

しかし、それだけでは何もポジティブな進展がありません。

今一度冷静になって状況を鑑みると同時に、
どうすれば今回のようなことが起きないかを考察してみましょう。

・店主の判断はどうだったか

店主が怒っている理由は、もちろん、
一生懸命に作ったラーメンを、半分も食べ残されたことでしょう。

加えて、最初に提案したにも関わらず、
聞き入られなかったことも怒りに拍車を掛けていると思われます。

件の客は二郎で食べた経験がなかったとあるので、
分量が多いと説明されても、
どれくらいであるのか想像ができなかったのかも知れません。

二郎のラーメンのことを最もよく知っているのは、もちろん店主です。

そうであれば、「客は神様ではない」という意見があるように、
二郎で食べた経験がない客に対して
「大」を出さないようにしてもよかったのではないでしょうか。

店主は、「大」は非常に多いので、
客はまず食べ残すだろうと判断していたのです。
そうであれば、「大」の提供を拒否して、
もっと小さなサイズを提供していた方が、食べ残した後で怒って出禁にし、
Twitterに投稿してするよりも、お互いによい体験を共有できたと思います。

・客が意図的であったかどうか

客がたくさん食べ残したことはいけませんが、
食べ残した理由が大切ではないでしょうか。

もしも、SNSに投稿したいがために「大」を注文し、
意図的に食べ残したのであれば、弁解の余地はありません。

ただ、店主のTweetの投稿を読むと、
客は意図的であった上に態度も悪かったように見受けられますが、
一方の発言だけなので、実際はもう少し
状況やニュアンスが違っていたかも知れないことも留意する必要があります。

私は基本的に、他の人が普通に食べているものを、
個人的な好き嫌いや「おいしい」「おいしくない」で食べ残すことは、
自分をコントロールできない子供ではない限りよくないと考えています。

しかし、件の客はもしかすると、本当に食べられると考えていたが
予想外に多くて食べられなかったり、
体調が悪くて食べられなかったりしていたのだとしたら、
その客に対して少しくらいは寛容になってもよいのではないでしょうか。

<食べ残し>は悪いことですが、絶対的な悪ではありません。
状況によって異なります。体調が悪くなったり、
苦しくなったりするまで食べる必要は、本当にあるのでしょうか。

・客観的にどうなのか

農林水産省の「外食・中食産業における食品ロスについて」によると、
結婚式では22.5%、宴会では15.2%、
レストランでは3.1%も<食べ残し>があるので、
<食べ残し>は身近に存在すると言ってよいでしょう。

二郎はもともと大盛りをウリにしているラーメン店であり、
他にも食べ残す客がいることも考えられるので、
この客だけがひどく批判されるのも厳しいような気がします。

決して客は神様ではありませんが、
しかるべきお金を支払って食べ物を購入している限り、
全てを食べなければならないという契約でなければ、
完食しなければならない理由はありません。

カレー店や洋食店などで、
大盛りメニューにチャレンジする企画があります。
そこではしかるべき金額を支払った上で、分量が多いメニューを食べますが、
食べ残しても文句は言われません。

二郎の「大」も
こういったチャレンジメニューと似たような趣向であると考えると、
「大」に挑戦して食べ残したことを、
ここまで批判されることもないと思うのです。

今回の件は、いままさに人類が直面し、
まだ解決に至っていない<食べ残し>の問題であり、
食べ残すとはどういうことであるのかを改めて考えさせられるものでしたが、
私が考える食において最も大切なことは、
客が生産者や作り手を尊敬し、店が客を尊重することです。

それがなされていない限りは、
このような不幸な事件がまた起きるのではないかと危惧しています。

https://news.yahoo.co.jp/byline/toryu/20170312-00068618/

---

代金貰ってるんだからどうでもよくない?

まあ失礼やし
忌避すべきではあるが、仕方ない時は仕方ない

そもそも食い物が残った状態が耐えられない
無理して食うわ

マナーというかモラルの問題やな
法律的には全く悪くないし

金払ってるからいいってなんかズレてるよな

二郎のあれって事前に量の多さを忠告されたにも関わらず
大盛り頼んだからあかんかったんやろ
小ラーメン残して怒られた客見たことないわ

大盛りが有名な店で
大盛り頼んで残すってのが意味わからん
大学の近くの大盛りで有名な定食屋
ぶちきれて大盛りなくしてしまったわ
写真だけとってちょっとだけくって残すやつ多数だったって

モラル的な問題やろ
金払って物買って
それを目の前で壊されでもしたら腹立つやろ
金はもらってるから問題ないのかもしれんが

共通テーマ:blog

女になってみて差別に気づいた [その他]

●女性の名前で仕事のメールを送ってみたら・・・
 見えない差別に気づいたある男性の話

ペンシルベニア州フィラデルフィアに住むマーティン R. シュナイダーさんは
ある日間違って女性の同僚、ニコル・ハルベルクさんの名前で
クライアントにメールを送ってしまった。

そしてそれは、思いもよらないような結末になった。
彼は女性が「目に見えにくい形での差別」に直面しているという
現実に気付かされたのだ。

一体どんな出来事だったのだろう。
一連の出来事にショックを受けたシュナイダーさんは、
彼とニコルさんがどんな経験をしたかをTwitterでシェアした。

---

ニコルと私は小さな人材サービス会社で働いているのですが、
私たちの上司はいつも、
ニコルがクライアントに時間をかけすぎていると文句を言っています。

私は彼女の監督係を任されていますが、
これを大きな問題だとは思っていませんでした。
私の方が仕事が早いのは、経験が長いからだろう、くらいに捉えていました。

だけど上司の手前、一応彼女の仕事振りを観察して、
もっとスピードをあげるように求めました。
でも、指導する私も指導されるニコルも、楽しくなかった。
彼女は必死になって、もっと仕事を早くこなそうとしました。


ある日、私はひとりのクライアントと
メールで履歴書のやりとりをしていました。
彼は手に負えないほど失礼なクライアントでした。
軽蔑するような態度をとっただけでなく、
私の質問をことごとく無視しました。

私に、自分のやり方は業界の常識であり(私に言わせれば常識ではない)、
私が彼の使っている用語を理解できていないと言いました
(いや、理解していた)。

彼のどうしようもない態度に辟易した私は、あることに気付きました。
ニコルと私は受信ボックスを一緒に使っていたため、
全てのメールが「ニコル」の名前で送られていたのです。

彼が失礼な態度を取っていたのは、私ではなくニコルだったのです。
そこで私はこんなメールを送ってみました。

「こんにちは。私はマーティンと言います。
このプロジェクトをニコルから引き継ぎました」

途端に、彼の態度が変わりました。
私のアドバイスを受け入れ、感謝し始めました。
すぐにメールの返信がきて「素晴らしい質問ですね!」と書かれていました。
手に負えないクライアントが、
素晴らしいクライアントに早変わりしたのです。

念のために伝えておくと、
私は指導の仕方やアドバイスを何一つ変えていません。
ただ一つ変わったのは、名前が男性になったことだけです。

そこでニコルに、いつもこんな具合なのかと聞きました。
彼女は「毎回というわけじゃないけれど、
しょっちゅうあることです」と答えました。


そこで我々は、実験をしてみることにしました。
2週間お互いの名前を交換する、という実験です。
私はニコルのメールアドレスを使い、ニコルは私のメールアドレスを使う。
どうなったと思いますか?

私にとっては悪夢のような2週間になりました。
質問や提案はことごとく疑問視され、
寝ながらだって対応できるようなクライアントでさえも、
見下ろすような態度をとってきました。
中には、私が独身かどうか聞いてきた人もいました。

一方のニコルにとっては、
これまでで一番が仕事がはかどる2週間になりました。
私は気が付きました。
彼女がクライアントとの仕事に時間がかかっていた理由は、
クライアントに自分が信頼できる人間であることを、
相手に納得させなければいけなかったからなんだと。

彼女がそれをしている間に、
私は一人のクライアントにかかる仕事の半分を終えていました。

私が彼女より仕事ができるわけではなかったんです。
私には、見えないアドバンテージがあったんです。


私は上司にそれを説明しました。しかし、彼は信じませんでした。
信じないのであればそれで結構、と私は彼に言いました。
しかしその後二度と、
仕事のスピードをあげるようニコルに求めませんでした。

結局上司は、
望んでいた通り仕事のスピードを早めることはできませんでいた。
しかし、別のやり方で(ここでは書きませんが)
仕事を早く終わらせるようにしつこく求めてきました。

何より最悪なのは、
この出来事が私にとってはものすごくショックだったにもかかわらず、
ニコルはとってはごく当たり前だったことです。
彼女はこれも仕事のうちだと考えていました。

---

シュナイダーさんのTwitterは大勢の人にシェアされた。
その後、女性側の視点を伝えたいと、ニコル・ハルベルクさんは
「女性として働く」というタイトルのエッセーを
ブログサイト「ミディアム」に寄稿した。

ハルベルトさんはエッセーの中で、
職場での女性差別は思っていたよりひどいことに気付いた、とつづっている。

今回のメール事件以外でも、こんな出来事があったそうだ。
男性社員が途中で脱落した厳しいトレーニングを
ハルベルクさんが見事に終えた後、上司はこうハルベルクさんを褒めた。

「上司は私と、そして自分自身を褒めました。
 『私は女性を雇おうと思っていなかったんだ。
 だけど雇ってよかった。自分を誇りに思っていい。
 山のような応募書類の中から、きみの書類が残ったんだ。
 それを見て、女の子を試してもみてもいいな、と思った』
 面白い考え方だと思って、こう聞きました。
 『どうして女性を雇おうと思わなかったんですか』
 『そりゃ、男同士で楽しんでいたからね。
 雰囲気が変わって欲しくなかったんだ』」

この上司は「仕事が遅い」とハルベルクさんを責めた男性と同一人物だ。
メール事件の後、彼はハルベルクさんにこう言った。

「『クライアントが、人によって違う反応をするのには理由がある。
 仕事のやり方かもしれないし、能力かもしれない。
 本当の理由が何なのかはわからないよ』。
 働いて2年。私は初めて、冷静さを失いそうになりました」

ハルベルクさんは結局、その人材サービス会社を辞めた。
ミディアムにエッセーを投稿した理由を
「多くの人に、この出来事を知って欲しかったし、
これは黙って見過ごせない重要なことでしたから」
とハフィントンポストUS版に語った。

「私たち女性は、権力のある男性を恐れて何もできないという悔しい思いを、
 何度も何度も味わっています。だけど、それでは何も変わりません。
 でも自分の身を危険にさらしたくないという女性の気持ちは、
 とてもよくわかります」

ハルベルクさん自身は、今回の出来事を公にしても
将来の職探しには影響しないだろう、と考えたそうだ。
また、これは女性に関わる問題だったから、
彼女自身が一連の出来事をどう感じたかも伝えたかった、と語った。

「私から、今回の出来事はどう見えたかを伝えるのも大切だと思ったんです。
 自分が関わったストーリーですから、私の声も伝えたかった」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/14/man-signed-work-emails-using-a-female-name_n_15352470.html

共通テーマ:blog

障害者社員使えなさすぎ [その他]

 職場に発達障害の派遣がきたんだけど、
 びっくりするくらい仕事ができなくて驚いた
 ネットで叩かれてる理由がよくわかったわ
 もういない方がマシってくらい絶望的に仕事ができない
 何か頼んでも光の速さで忘れて何もしないか、
 訳のわからんことするかどっちか
 集中力もないし、注意力もない
 正式に「発達障害」って名前がつくだけのことはあるわあれ

何もしない→まぁいい
意味不明なことする→死ね

何もしないのが一番害がないけど
何もしないではいてくれない

 全くその通り
 訳のわからんことばっかりする

意味不明なことするから監視しなきゃならんし
訂正したりこっちの仕事が増えるんだよなぁ

 本当にそう

何をどうやるのかちゃんと説明してくれないからだと思う

 そういう次元じゃないのよ

仕事の邪魔をする機械を金出して買ってる感じか

 正にそんな感じ

でも受かるってすごいよな
ニートより上じゃん

障害者雇用枠なるものがあるんだよ
大抵は身体か精神の方を雇うけどさ

お前だって説明されてから仕事できるようになったんだろ
何が別次元だよ

 説明せずに仕事任せるわけないだろ
 アホかおまえ
 ちゃんと説明しても光の速さで忘れるか、
 訳のわからんことするかどっちかなんだよ
 他の人なら十分理解できてる説明してもこうなの
 ここまで説明しないとわかんない?

うちの発達障害は仕事できるよ
お前のとこができないだけじゃね?

具体例教えてよ

 みんなで共有して使う機器ってあるでしょ
 コピー機だったり他にもいろいろ
 そういうのをそいつが使ってて、当然他の人も使いたいわけ
 で、そいつに「使い終わったら次使いたいから教えて、
 慌てなくてもいいけどこっち急ぎなんだよ」って言っても、
 その空気・状況が理解できずにダラダラ使い続けるの
 しかも途中でなぜかその場離れて消息不明になって
 1時間くらいして戻ってきて「もう終わったの?」って聞いたら
 「まだ終わってません」
 こんなんが毎日

発達障害も3つくらいタイプがある
頼んだ事をすぐ忘れてボケーっとしてるタイプ、これはまだいい
もう何度もやってる仕事をやったことないと言い張って全く覚えないやつ、
これはちょっと殺意芽生える
頼んだ仕事をやらずにやるなと言った事をやる奴、
こいつは最悪労災起こすから目が離せない
どれも説明は腐るほどやってるのにこうなる

うちの職場の発達障害らしきやつもなかなかやばい
恐らく本人に自覚はないんだろうけど
失礼なことや相手を貶すようなことを言う
図面渡されて作ってるのに全く違うものが完成する
作業に必要ないものも持っていって放置するから工具等がすぐ行方不明
片付けさせるとめちゃくちゃにしてどこに何があるか分からなくなる
これくらいは日常茶飯事だな
マジで死んで欲しい

 わかるわかるわかる
 めちゃくちゃわかる
 勉強できるできない、頭が良い悪い
 以前の問題なんだよ
 規格外というか
 発達障害に接したことある人ならわかると思う
 本当に「訳のわからんこと」ばっかりする

 何かやらかした時に、フォローするのは周りの人間だからな
 病気か障害知らんが、迷惑かけてるという事実は変わらんし
 人間だから腹が立つに決まってる
 しかも子供じゃなくて大人だし

一番腹立つのが反省がなく自分を責めないところ
一生懸命やってるんですけどねぇとか言われるとぶん殴りたくなる
それも含めて障害なんだろうけど

人の失敗にあれこれ苛ついてて君ら疲れないんか?
俺は人は人、自分は自分って割り切ってる
失敗したら謝るけどね
引きずってたら仕事続かん

こっちは現場仕事で作業員の命預かってるようなもんだから
神経質にもなる
失敗ならまだいいけど最悪死ぬようなことやるからな、
やばいと思ったらそういう危険があるところには行かせないようにしてるが
そうすると仕事も限られるし結局使えない

10回は教えた倉庫の場所を忘れて
意味分からん廊下のそこらへんに
物を放置して帰ってくるってオッサンがいたな
集中力とか忍耐力はまあ我慢するけど
忘れまくる上に仕事投げ出すのはダメだ
こっちがやられる
年上だしイライラ出さないように丁寧にしてたけど、
その人は自分にこの仕事は無理だと思うって言って辞めていったよ
何だか彼らも大変なんだと切なくなる

いたわ発達障害のやつ
接客業なんだけどほぼ毎日客か取り引き先とケンカかこじれてくる
自分は精一杯やっています、
説明が悪いので理解に時間がかかりますとか言い訳すんだが
同時入社の奴らは余裕でできるっつーか普通は客と喧嘩なんざしねえ
正社員だったから退職に7ヶ月かかった上に親も変人だった

俺の同期はADHDカミングアウトしてるけどむちゃくちゃ仕事できるわ
曰く、ちゃんと認識して対策講じれは大体のことはなんとかなるらしい
事情を知らずに見てると全てが緻密で全然そうは見えないし、
何より発想力がやばい
その上普段は間抜けキャラでみんなに愛されててマジでスーパーマン
まあもちろん程度によるんだろうけどさ

発達障害=特別な才能があるじゃないぞ
大半はガチで使えない無能だからな

まあ、俺も発達障害の疑いあるから今検査中なんだけど、
もし発達障害あるならもう障害者枠で働く予定よ。
健常者と同列に並んで仕事してちゃ他人に迷惑かかるからな。
発達障害あるならそういう人は自分にあった仕事をするべきで、
自分に合わない仕事をしてる上に
他人に甘えたり頼ってばかりはダメだと思うわ。

 それでいいと思う
 発達障害が普通に職につくと本人も辛いだろうし、
 周りも苦労するだけ

入って間もない派遣の人にちょっとしたミスで
社会人だろとか金もらってんだろとか
こいいう罵倒の仕方するやつこそ人格障害だよ

うちの職場の発達障害の人は寡黙で全く喋らないが
一つのことやらせたらまじで早いから
一概に障害者が仕事できないと思ってほしくない
向き不向きは健常者にもある

発達障害は3種類
・ADHD系 
 遅刻、忘れ物多発。部屋とかデスクの上とかが乱雑。
 たまにヒステリーを起こす。
 貧乏ゆすりをしたり、変な癖があり落ち着きがない。
 集中力がなく、複数のことを一気に言うと覚えられない。
・アスペ系
 とてつもないコミュ障。言われたことを理解できない。
 協調性もない。他人に無関心。
 記憶力が悪い。
 (稀に特定のことだけに異常な能力を発揮するやつがいる。本当に稀にだが)
・学習障害系
 記憶力とかには問題ないはずなのだが、読み書きや暗算などができない。
 小学生でも習うような漢字を読めない。

 なんかね、何をやらせてもなんだけど
 「何の為にこれをやってるか」「なぜこういう手順を踏むか」
 ってことが理解できないみたいなのね
 どんだけ説明しても理解できないみたい
 (それこそ小学生に勉強教えるくらい丁寧に教えても)
 そんで訳のわからんことするの

共通テーマ:blog