So-net無料ブログ作成
その他 ブログトップ
前の5件 | -

【移民】パリの現在がひどい [その他]

外国人としてパリで暮らした経験を書いてみようと思う

・パリ全体でジプシーが金の施しを求める
 &ジプシーの子供はATM前で金を盗むため待機
・パリの路上で眠る大勢の黒人ホームレス
・非白人地区の路上ではロクでもない商品を押し売りして嫌がらせされる
・モスクが各区画にあり、
 フランス人よりアラブ人やアフリカ人向けの店が多い
・場合によってはイスラム教徒が
 道路の真ん中でお祈りして通行妨害している
・毎日何かしらの抗議デモがあり、
 最終的は警察と暴力沙汰になってしまう
・器物損壊はどこにでも見られ、
 車が炎上している様子はいつも見ることになるはず
・ここ2年間は非常事態なので
 パトロールする軍の車両をたくさん見かけることになる
・毎日のようにイスラム過激派が事件を起こしてる
・なお反イスラムを増やさないため
 イスラム過激派の写真をニュースで掲載するのは禁止
・行っては行けない危険区域では救急車や警察が襲撃される
・世界で最も汚れた都市の1つであり、
 どこでもゴミが散乱していて悪臭がする
・パリで写真撮影しようとする気も起きない、
 暴動による器物損壊や落書きだらけなので
・住宅価格は高騰し続け、増税され、賃金は減っているので
 中流~労働者階級は苦しい
・一方で上流階級はタックスヘイブンで租税回避
・パリの人間にはフランスという
 国家的・文化的・民族的アイデンティティが無い

観光目的でデータを誤魔化してるが
フランスはアフリカ並の第三世界になっている

アフリカを植民地化した結果だろう

パリ19区か北部にでも住んでるのか?
住んでればわかると思うけどこの辺はパリの平均よりも治安が悪い
こんな説明通りのことが頻繁に起こるのはパリ北部だよ

フランス人、これ本当なの?
もう西洋の中心じゃなくなったのか?

本当だよ
他の人も現地に行けば分かるはず
地下鉄や道路の標識は
全部アラビア語とフランス語表記だしキツすぎるぜ

パリは巨大な掃き溜め
現地に行ったことない人だけがパリに思いを寄せている
パリに住むか訪れればゴミだと思うはず

第一次世界大戦終結99周年の記念日に
無名戦士の墓に中東系・アフリカ系が
ゴミをポイ捨てしたりしてぶち壊しにしたからな
100万人のフランス人兵士が犠牲になったというのに

何でフランスが嫌いなのにフランスから出ていかないんだろう

フランスを救うために俺に出来ることって何なんだろう

少なくともアメリカの警察は
暴動を起こした有色人種なんて射殺する

http://www.all-nationz.com/archives/1068473882.html

------

移民はだめだな

植民地主義の付けを払わされてるだけだろ。
自業自得だ

そういうことなんだろうね

15年ぐらい前からすごい速度で変わった
もちろん悪い方に
ゴミは昔から多いけど
路上でブラブラしてる黒人中東人がとにかく増えた
北駅の周りのふいんきの悪さはガチ

今の東京がまさにそうなりつつあるな。
やたら非白人系の外国人が増えてる。

ジプシーやムスリムが美術館や観光地で乞食してるのは、
40年前から見られる光景だよ。

40年も放置し続けた結果が今のフランスだな

正しくその通りだね。
寛容政策のツケがこの10年で一気に回ってきた感がある。

かつてNYの地下鉄は落書きだらけで治安も悪かったらしいけど、
落書きを根気よく消し続ける事で安心して乗れるようになったらしい。
誰かがゴミを捨てて放置される事で
そこには次々とゴミが捨てられてゴミだらけになってしまう。
初期対応に失敗すれば破滅しかないって事なんだと思う。
日本も今対応間違えたら大変なことになると思う。

割れ窓理論てやつか

差別問題とかでなく移民はあかんでしょ
国へ責任も愛着もないんだから

パリは知らんけど先月イタリアに旅行に行って
歴史的建築物とか街並みに感動したが
黒人の押し売りとかスリ置き引きが多くて
常に荷物に注意しなきゃならんとこは大変だったなあ
ローマではガイドさんが
全日空の社長もパスポートも入ってた荷物盗まれた
(荷物持ってる秘書が写真とろうと荷物床に置いたらとられた)
とか言ってたし

荷物おいたらそりゃ取られるわw
10年前でも斜め掛けバックの上からコート着ろと言われたぞ
ていうかガイドが観光客に盗難対策しっかり教育するんだがな

イスラムはなぜ流行ってるのか?
キリスト教や仏教など大部分の宗教は
文明の発展とともに廃れていくのに
イスラムだけは増えてるように思う
これが謎なんだが

イスラム教徒が多い国は後進国が多く若者が多い
キリスト教圏よりも出生率が高い
インドも含まれるので
2050年にはムスリム人口がキリスト教徒人口を抜く

東京はもうアルバイトとか外国人だらで
実質移民政策始まってる

---

・スイス政府「民間防衛」の書より

~武力を伴わない戦争の形・その名も「乗っ取り戦争」~

第一段階:工作員を政府の中枢に送り込む。
第二段階:宣伝工作。メディアを掌握し、大衆の意識を操作。
第三段階:教育現場に浸透し、「国家意識」を破壊する。
第四段階:抵抗意志を徐々に破壊し、平和や人類愛を
     プロパガンダとして利用する。
第五段階:テレビ局などの宣伝メディアを利用して、
     自分で考える力を奪ってゆく。
最終段階:ターゲットとする国の民衆が、
     無抵抗で腑抜けになった時、大量植民。

---

おーシャンゼリゼ~♪とか
思わず歌いたくなっちゃう眩い街じゃないのかよ

そのイメージでパリに憧れる日本人女性が多すぎて
パリ・シンドロームと呼ばれる適応障害を発症する

パリだけじゃねーよ。
イギリスのリバプール
ドイツのミュンヘン
オーストリアのウィーン
ベルギーのブルュッセル
俺がカバン持ち兼通訳で行った各都市もヒデー有様だったぞ。
ありゃ、後10年掛からず
国教がイスラム教になるの間違いないって位溢れてる。
欧州幻想抱えて旅行行くと幻滅どころか大笑い。
マスコミも報道しない自由はかってだけど、
キッチリ事実を見せないとお前らの放送もアラビア語でする事になるぜ。

日本が将来こうなるかと思うと泣けてくるな
やっぱり移民は駄目絶対

共通テーマ:blog

出世望まぬでは会社にいれなくなる [その他]

若い人たちの出世意欲が減っている、という話を
聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
けれども、アンケート調査の結果を見ると、
20代の出世意欲は時代を問わず高いようです。
しかし30代になると、出世の意欲は急に減ってしまいます。
その主な理由は
「ワーク・ライフ・バランスのとれた生活をしたいから」ということです。

では、ワーク・ライフ・バランスを守るために出世しない、という選択は
幸せと満足を運んでくれるのでしょうか?
会社の人事の仕組みから見た時、そこには大きなリスクが隠れています。

・出世してもどうせ報われないから出世しなくていい

「電機メーカーで12年目、35才です。会社では課長手前の役職で、
一般的には係長、ということになると思います。
先日、管理職への昇進試験を受けるように上司から指示されたんですが、
昇進することを考えると気が重いんです。
外部研修を受けに行かないといけないし、ペーパーテストもあります。
昨年受けた先輩にどんな問題だったか聞いたんですが、結構難しい感じでした。
だから真面目に勉強しないと厳しそうです。
けれども残業だって多いし、休日出勤だってたまにある状況で、
今も暇なわけじゃないんですよ。

うちの会社は一応大手なんで、年収は650万円あります。
だからこれくらいでいいかなぁ、と思うんですよね。
頑張って課長になったところで1000万円の年収になることは難しいそうです。
なのに、今よりも責任だって重くなるし、仕事もきつくなります。
転勤だってしないといけないらしいし。
その先、さらに役員とかになれるんだったら上を目指してもいいけれど、
僕なんてまあ課長どまりですよね。

正直、これ以上頑張ってもたいして報われないのなら
出世はいらないかなぁと思うんです。
政府も多様な働き方とか言ってるし、
出世を目指すよりも、生活を充実させたほうがいいと思いませんか?」

・30代になると見えてくる仕組み

マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した
「若手社員の出世・昇進意識に関する調査」(2015年8月)によれば、
20代から30代社員のおよそ4割の人たちだけが
出世に前向きだという結果が出ています。
残る6割はどちらかといえば出世したくない/出世にこだわりがないとのこと。

しかしこの調査を別の切り口で見てみると、少し様子が変わってきます。

20代男性に限定すれば、出世に前向きな人の方が6割となるのです。
しかし30代男性になるとその割合が4割にまで急に減少します。

20代男性が出世に前向きな理由は大きく二つあります。
「給与・年収が上がるから」「社会的な地位や名誉が得られるから」
という理由なのですが、これが30代になるとむしろ逆に
「出世をしても給与・年収がそれほど上がらないから」
出世しなくても良い、となってしまうのです。
出世するよりもむしろ「現場で働いていたい」という人も
一定割合で増えてくるのが30代です。

20代のころは出世を目指して頑張るけれど、
30代になると現実が見えてくる、ということなのでしょうか。

・報われない出世の原因

実は20代男性の約6割が出世志向という統計データは、
何も最近に限ったわけではありません。
「管理職への昇進希望に関する男女間差異」(2012、安田宏樹)
という論文によれば、2008年の時点においてもやはり
20代の男性の6割が出世志向だというデータが示されています。

より重要なことは、20代で出世したいと思っていた人たちのうち、
3分の1にあたる人たちが出世しなくても良い、と考え始めることです。

第一の理由は、30代になると給与の天井が見えてきてしまうこと。
多くの企業の給与制度は、だいたいこれくらいあれば生活できるでしょう、
という金額をイメージして設計されています(これを生活給といいます)。
昔だと「年令万円の月給があれば生活できるだろう」という言い方もありました。
しかし月給20万円が30万円に増えることはインパクトがありますが、
月給30万円が40万円に増えていったときに、インパクトは減ってしまいます。
経済学では限界効用逓減という言い方をしますが、
同じだけの収入が増えたとしても、
元の金額が大きくなっていくと喜びも減ってしまうのです。

第二の理由は、多くの企業でまだまだ滅私奉公を求めてしまうこと。
2017年の今年になってようやく多様な働き方改革が現実味を帯びてきましたが、
それでもなお、企業側経営者にとっては、個人の生活を重視する人よりも、
会社の都合にあわせて残業や転勤をしてくれる人を
重用したくなる気持ちまでは変わっていません。
だから出世すると自由がなくなるということはまだまだ現実です。

そして、人事の仕組みもそのようになっています。
昇給に対して魅力を持たせるためには、
むしろ毎年給与が増える割合そのものが増えなければいけないのです。

しかし「デキる人や成果を出した人に
どんどん高いお金を渡してもっと頑張ってもらおう」
という会社は意外なほど少なく、多くの会社は
「決して多くはないけれど、生活できるレベルの給与を払うし
定年まで雇えるようにするから、満足して働いてください」
という安心感を重視した仕組みを採用しています。

だから生活できるだけの給与を受け取っていれば、
滅私奉公してまで出世するより
プライベートの充実を図ろうとすることは、決しておかしな話ではありません。

・定年まで雇われる保証はどこにもない

では私が相談者に対して
「そういうライフスタイルもいいと思いますよ」と答えたのか、
というとそうではありません。

なぜなら人は必ず年を取るからです。

そのあたりまえの事実を示したうえで私は相談者に尋ねました。

「会社の中で出世を目指さないと決めてしまったら、
10年後に給与が激減したり、職を失う可能性が飛躍的に高まりますが
それでいいですか?」

不思議そうな顔をする相談者に、私はさらにつづけました。

「10年後にはあなたの次の係長候補がすぐ後ろにせまっていることでしょう。
そのとき、あなたが経営者だったら、45才の10年目係長と、
35才の係長候補、どちらを大事にしようと思うでしょう」

そう指摘すると相談者は、自分の会社で最近行われた
40代以上向けの早期希望退職が
実質的には退職勧奨であったことを思い出したようで、
少し青ざめてしまいました。

この相談者の最大の勘違いは、出世をあきらめてもずっと会社にいられる、
そして今以上の給与を受け取れる、と考えてしまっていることです。
残念ながら、よほどの大手か、従業員を家族的に守ろうとする会社でなければ、
暗黙のうちに皆が信じている「定年までの雇用」が
守られない可能性が高くなっているのです。

・今後10年間が勝負どころ

出世を目指そうとしないということは、
環境の変化などに対しての視点を鈍らせる場合もあります。
そうなってしまうと、やがて「仕事のデキないおじさん」が
出来上がってしまう可能性も高まります。

そもそも、勘違いの本質は、
いつまでも会社にいられると思ってしまっていることなのです。
特に日本では、終身雇用とか60才からの再雇用とかの言葉から、
会社が従業員を守ってくれるという想像をしてしまいがちです。

しかし、会社とはもはや従業員の生活を守るための共同体ではありません。
ビジョンやミッションなどの使命に賛同する人たちが集まった
プロジェクトのような存在なのです。
だからこそ、今と変わらなくても良い、と考える人たちではなく、
常に自分の役割を問うていく人たちによって
構成される組織に変わりつつあります。
言い換えるなら、成長を目指さなくなった人を
常に淘汰してゆく組織に変わりつつあるということです。

出世意欲とは、成長を目指す意識のあらわれのひとつです。

必ずしも上の役職を目指さなくとも、専門性を伸ばすとか、
プロになりたいとかの思いも出世意欲と言えるでしょう。
しかし、現状の給与でいい、という思いから
出世しなくてもいいと思うのであれば、
10年後には厳しい選択を迫られることになるかもしれません。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171117-00010001-nikkeisty-bus_all&p=1

共通テーマ:仕事

できる人ばかり辞めていく会社 [その他]

できる人ばかり辞めていく会社が、
急に焦り出して開発環境を良くしたり、外部研修の参加費用負担したり、
海外カンファレンスへの参加許可を出すようにしたりした結果、
準できる人ができる人になって
退職が加速した話、涙なしには語れない。

『できる人ばかり辞めていく会社が、急に焦り出して』
『結果、準できる人ができる人になって退職が加速した』
終戦間近な頃の日本軍みたいな。
優秀なパイロットから死んでいくから(以下省略)みたいな。

準出来る人が有能になると、
「自分にはこの場が相応しくない事がわかる」という証明。
すごい話だ。

この会社、給与や福利厚生面は世間より明らかに恵まれていて、
最先端なこともできるようなところなのだけど、年齢構成が歪すぎて、
中堅も若手もなかなか昇進できないみたいなところなんですよね。

何がだめだったんだろうなあ

「できる人がいる会社」と「できる会社」は
別なんだと再認識させられる話。

準できる人のポジションに甘んじていた人たちは
社内政治の犠牲になって実績を積めなかっただけで、
能力的な差はなかったのだろうね。
長期にわたり冷遇されていた結果、すでにその組織を見限っていた、と。

いろいろやったけど、辞めないようにする策が無かったんか……。

待遇を改善して出来る人を集めて競争に勝つという考え方の対照が、
出来ない人を集めて賃金を低く抑えるデフレ的考え方。

どっちかというと、労組が強すぎるがゆえに
その会社はそうなったんだろうと思います。
あとは計画性のない採用計画とか。

人事に聞かせたい話だ。。。

職場環境以外のことで人を引きつけなければ
優秀な人材は残ってくれない、てことですか。
社長の人柄とか・・・

これ、よっぽど社長と管理職が嫌な奴なのでは?

開発環境を良くする以外にも、元々企業自体の古い体質に
嫌気が指していた人も多いのではないかなと思います。
これに関しては根本的な改革が必要な気がします。
後はやっぱり待遇面でしょうね。これが一番でかいと思います。

「出来ない上司」に使われるという事が、
「出来る人」にとって罰ゲームが続くようなものだと思う。
「真出来ない上司」が出世すると、
後釜に「準出来ない人」を持って来て、
「真出来ない上司」が再生産される様な会社に
居続けたい「出来る人」など居ないと思う。
出来ない上司を排除するのは今でしょ!

こういう会社は結構あると思うぞ。
社員はとっくに会社にも経営者にも愛想尽かしていて、
出て行くチャンスだけを待ってるの。
新入社員に先輩がこっそり教える事が
「転職のチャンスを逃すな」という会社。
前の会社…。

できる社員の育成に力を入れるのは大事ですが、
社員が辞めないような待遇改善に力を入れる方が
順番的に先ですよね。

世間よりは明らかに待遇が良いので問題はそこではないですが、
まぁ明らかな問題を是正することが先というのはご指摘の通りですね。

最終的には自分の生活面が大切なんだから
そりゃ賃金良いに越したことはないよね
沖縄だと他県より賃金安いから
こう言うところはシビアだよなー
自分も詳しくはないけど
賃金待遇を良くしてから皆のやる気上げていきつつ
会社環境を良くするーってのが良いのかね?
経営者の方も大変だよな、お疲れ様です

世間より待遇がいいとしきりに主張してるけど、
出来る人はもっと待遇のいい職場を見つけて転職してる訳だろ?
地域の同業他社よりは待遇が良かったのかも知れないけど、
人材流出が続くってことは
どっちにしろ能力に見合った待遇は用意出来てなかったって事だろ

できるからやめるんだろ。できない奴だけ採用してろよ

なぜ辞めるのかを把握できていなければ
何やっても無意味よ

仕事ができると注目される、注目っていうか目を付けられる
仕事できない上司や声デカ上司が
「まぁ俺が指示してるからだけどな面」がしたくて
そいつにマウント行動を頻繁にするようになる
しかも自身の仕事量は変えたくないんで
どんどんできる奴に仕事を丸投げするようになる
出来る奴がパンクして失敗するようになる
上司今度は
「俺の責任で失敗したんではなく
あいつが仕事できないから失敗した」
と責任を丸投げする
上司「コイツにちゃんと仕事させるのが俺の仕事」とか言い出し
パンクしてる奴に更に仕事を回し
しかも箸の上げ下げレベルで口出してくるようになるんで
できる奴は采配が全くできなくなり
仕事の難易度が爆上げされる
出来る奴失敗する
出来る奴病める&辞める

一番の原因は辞めない古株にあるんだよ。

給料上げずに飲み会やら休日レクリエーション開催とか逆効果なのにな。

会社にとっては従業員すらお客様な時代になったのね

良くある話さ
むしろ、自分に自信があると言いながら
劣悪な環境だったり、納得出来てない組織に居続ける人が
おかしいと思うがね

でもその出来る人が他所行って出来る人となってるかは
また別の話なんよね

社員に1度嫌われたらもうおしまいって話ですね
ウチの会社も同じだな

きのう又吉が出ていたEテレの番組で
クラッシャー上司という
自分の成功体験を元に部下を育てようとしてストレスで潰して
「今の若いやつはダメだ」の一言で反省もせずまた繰り返す
でストレスに打ち勝った少数の部下が昇進して
またクラッシャー上司になるという悪循環が起きる
この会社がそうだとは言えないが、
某有名外食チェーンがバイトに逃げられて
パワーアップ休業に追い込まれてから
外部の人間に調査に入られ
成功体験でバイトを潰すなと叱咤されたとこあったな

共通テーマ:仕事

中小、内定辞退多く人手確保できず [その他]

学生に有利な売り手市場の影響を受け、
新卒採用で人手確保に苦慮する企業は多い。
中小企業は、学生に根強い大手志向のあおりを受け、
辞退を見越して多めに内定を出しても採用の見通しが立たない。
採用活動は厳しさを増している。

製造業ではベテランの退職が続き、若手の技術職は引っ張りだこだ。
この会社は中途採用で人材確保を目指したが苦戦が続き、
狙いを新卒に切り替えた。内定辞退は約30人。
人事担当者は「辞退の数は予想の範囲内だが、
そもそも関心を持って話を聞きに来る学生が少ない。
学生と会えなければ内定を出すこともできない」とぼやいた。

50人の採用を目指す埼玉県のアミューズメント会社は、
130人ほどに内定を出したが、7割以上が辞退。
ほかの業種と並行して受ける学生が多く「他社の内定を得たら、
うちの優先順位が下がるのは織り込み済みだ」(人事担当者)。

「年明け以降も採用活動は続ける」とする企業は多い。
関東地方の運送会社は約100人に内定を出したが40人近くに断られ、
残ったうち40人ほどが返事を保留中だ。

http://www.sankei.com/economy/news/171113/ecn1711130007-n1.html

------

これまでとは立場が逆になったな

待遇と給料良ければくいつくよ

採用側も勝手に落としてるんだし
学生側も勝手に辞退するのは自由だろう

すべり止めで受けて他の条件の良い大手に行ってるだけ

それだけの企業ってことだろ

それがお前らの会社の真の評価
氷河期世代で勘違いしちゃったんだね

なんだかんだ言っても大企業の方が福利厚生も良いし
中小とか選ばないだろ

生まれた時代でこんな違うんだな
氷河期切ないね

人手不足なんだから、
劣悪な労働環境の会社は淘汰されるんだよ。

内定取り消しってよくやってたよな?
一時期、企業側もやってたけど?
内定出しとして後から無かった事にしてって

逆に雇われる方が企業を面接するとか
圧迫面接が捗る

今まで好き勝手企業側がやってきて
手のひら返しされただけだろ

企業が学生を選べるように学生も企業を選べる

就職氷河期は早慶新卒が白アリ駆除会社の営業職落ちてた
ほんと落差すげーな

明治卒が吉野家の店長やってたわ

バブル崩壊してから今まで散々足元見て採用してきた報いだろ
企業がやるのはいいけど応募者がするのはダメだってか?
早く潰れろよ

労働市場は特に時代で常識が変わるからな
企業も時代に見合って頭を切り替えていかなきゃ
良い人材は確保できないだろ

いつでも取り消し出来るんだから
いつでも辞退できて当然だろ

企業側に問題がある事は絶対に認めない
潰れちまえよそんなところ

状況が変わったんだから企業側もあわせていかないと
いつまでもバブル後の精神じゃ出遅れするだけ

未だ企業側が一方的に選べる立場だと思い違い続けてる
そういうの通用するのは本当に一部の企業だけだから

共通テーマ:仕事

人手不足倒産過去最多 [その他]

企業の間で人手不足が深刻になる中、
先月、人件費の高騰や求人難など
人手不足が理由になって倒産した企業の数が、
この4年の間で最も多くなったことが
信用調査会社のまとめでわかりました。

民間の信用調査会社「東京商工リサーチ」によりますと、
先月、1000万円以上の負債を抱えて倒産した企業の数は733件と、
前の年の同じ月と比べて7.3%増えました。

倒産件数が前の年を上回ったのは2か月連続で、産業別に見ますと、
「サービス業など」が最も多く215件、
「建設業」が148件、
「卸売業」が111件などとなりました。

このうち、人手不足による人件費の高騰などで経営が悪化し、
倒産した企業の数は39件と、前の年の同じ月より70%以上増加し、
この4年間で最も多かったということです。

信用調査会社は
「多くの人を雇わなければならないサービス業や運輸業を中心に、
人件費の高騰や求人難が経営のリスクになろうとしている」
と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171109/k10011217361000.html

------

人手不足(奴隷不足)

ブラックばっかなんだろ

従業員に還元しないクソ企業は潰れてどうぞ

なお残業代は出さん模様

給料1.5倍仕事量3倍みたいな
仕事量に見合わないんだろ

給料1.5倍ならね
実際は0.8倍やろ

企業は
法を破っても一切文句を言わず
いくらでもただ働きしてくれて
有給なんて一切使わず
3日もしたら有能ベテラン社員並に使えるようになる上に
なにかあったら責任引っかぶって死んでくれる
そんなちょっとした奴隷が欲しいだけなのに
正直に言わないから
もしかしたらやばい企業なんじゃと警戒して人がこないんやで

使えるようになるまで3日かかる奴なんかいらんわ
必要なのは即戦力よ

倒産したことで同業他社が助かるんやぞ

企業「人手不足!未経験者歓迎!ブランク歓迎!」
ワイ「働きたい」
企業「どうしてウチなん?経験は?この間何してたの?はい不採用」

とりあえず使ってみるかにならんもんな

そらお荷物抱える余裕ないからね

(低賃金で働く)人手が不足してるの
お給料いっぱい(たくさんと言ってない)あげるから来て

人手不足じゃなくて、人件費が払えなくて倒産しただけでしょ

そうなんだよね
まともな賃金も払わずに
従業員をコキ使ってたブラック企業が潰れただけ

体壊す可能性のある仕事
どんなに給料良くても他にあるなら行くのが普通
元トラック運転手のスーパーの深夜店員
優しくて接客丁寧でいい
苦労人だからか
人間が全然次元違いにいい
給料10倍で10ヶ月に1度しか働かないでいいのなら
メリットと言えるが
当然ありえない
そりゃ腰壊す治療費賄うより
深夜のレジ打ちの方が安全で人にも接するしいい

おまえらが怠け者のせいで倒産が増えるんだよ

怠けてるのは企業の方だよ
給料上げてもやって行けるように努力しなかったから倒産した
自業自得

氷河期世代を雇って育てなかった結果

厳密には違うんだよ
育ててもそれに見合う賃金を払わずに低賃金で働かせようとしているから
ベテラン勢がどんどん逃げていってるんだよ

それなりの金さえ出してくれりゃ働いてるやるわ
賃金の高騰とかはただの言い訳だろ
安く使ってすぐ切るを繰り返してりゃそりゃダメになるわ
元からいるベテランなりフリーターなりを
大切に扱わないからそーなるんだよ

簡単に潰れろとか言ってる奴は空洞化の恐怖をしらな過ぎ
本当に大手の言いなり派遣しか仕事無くなるぞ
言っとくが潰れてるの技術や歴史があって
従業員を大切にしてる土着系優良企業だからね
建築現場であり得ない事故ばかり起きてるが
食い合いさせた結果残ったのが粗悪ブラックだから
これを上から焚き付けてるのが大手で国は一切中小を救済しない

大丈夫そうなると大手も潰れるからw
今の大手は中小企業に依存しすぎて
自分だけでは技術やノウハウが育ててないんで
成り立たなくなっているからw

心配ない
どんどん潰れてライバル企業が減ってくれば
仕事の単価も自然と上がっていくので
耐えれた本当に良い企業は従業員に高給を支払えるようになる
まず最初に潰れるのが給料の安くて劣悪な労働環境の企業
マシな他社に労働者を奪われ消えていく

共通テーマ:仕事
前の5件 | - その他 ブログトップ