So-net無料ブログ作成
マンガ ブログトップ
前の5件 | -

伊藤潤二の猫日記 よん&むー [マンガ]

日本のホラー漫画界を代表する作家・伊藤潤二=ホラー漫画家J。
犬派だったJは、婚約者A子の希望で猫を飼うことに。
外国種の仔猫・むーと、呪い顔の甘えん坊猫・よん。
Jの想いとは裏腹に、猫はJにまったくなつかない。
・・・・・・ガンバレ、J!

b.jpg


伊藤潤二の猫日記 よん&むー (ワイドKC 週刊少年マガジン)

伊藤潤二の猫日記 よん&むー (ワイドKC 週刊少年マガジン)

  • 作者: 伊藤 潤二
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/03/13
  • メディア: コミック



共通テーマ:blog

なにかもちがってますか [マンガ]

世の中の取引の半分は詐欺みたいなもんだ
それが詐欺か詐欺じゃないかは
相手がそれに気づいているかどうかにしかよらない

ファッションなんてその最たるものだよ
今年や来年なにを売りたいかで決められる
その恰好をしている人間はかっこいい
そう刷り込んでおくわけだな
だから特定のカテゴリーの人間は恰好が似る

本質に付加価値をプラスしたようなもの
例えばブランドというようなものや
ゲーム、音楽、マンガ、玩具の類すべてそうだよ
自分の中にジャッジメント、
定規を持っていない人間は
他者の定規に踊らされるしかない

宗教の問題点って何かわかるか
自己批判を許さないことだよ

例えば科学は
その前提を自己批判、自己改革、刷新を旨としているから
心の拠り所にはならない

宗教と似たものとして哲学があるが
これも批判、改革を容認している
だから、ある哲学にのっとって行動することは
実は間違った行動かもしれないという前提のもとになされる

人間は本質的にバカで臆病だ
自分は間違っていないという思考をより好む
宗教はだからこそ存在しうる
自分がどう行動していいのかわからない
そのくせ間違った行動はしたくない
自分のしていることを間違いだとは言われたくない
認めたくない
そういう人間にとって宗教は福音だ

宗教は行動を指し示してくれる
そして自らの間違いを認めることはない
認めたらそれは宗教ではなく哲学になるからな
だからその宗教にのっとった行動は
絶対に間違いを犯していない行動ということになる
その宗教に属している人間にとってはな

でも本当は
間違った行動をとるのは
どうしようもないほどのバカではない
自分が間違っているかもしれない可能性を
考えられないのがどうしようもないバカだ

自分の間違いや弱さと向き合えない人間は宗教に逃げ込む
無思考に正しい道を歩いていると思い込ませてくれるからな
どんなにそれが苦しいことでも自分で考えなくてはいけないのに

 イッサくんは
 自分が間違ってるって思ったことないって言ってたよね

俺が間違ってるわけないだろ

 それって宗教と一緒じゃんあんたの言う
 あんたって宗教っぽいよね

俺は自分の外の神様の声を聞いているわけじゃない
俺が変われば俺の神様も変わる

 えーなにそれインチキじゃん

自己変革できる神様だよ
信じているのは俺一人だからそれでいいんだ

でも外にある神様はそうはならない
無思考を求め批判を許さない
思考にまったく柔軟性がなく頑なで偏屈だ
間違っていても間違いを認められないわけだからな
だからこそ宗教はよく諍いや戦争のもとになる

共通テーマ:blog

ネメシスの杖 [マンガ]

医療事故調査を行う患者安全委員会に
「台田総合病院はシャーガス病患者がいる事実を隠している」
との告発分が届いた。
調査員・阿里は、16年前の「シャーガス食害事件」関係者達が
罹患していることを突き止める。
さらに、事件の被害者遺族・江里口が、復讐のため
病気の原因となる寄生虫をバラまいたのではと推測する!

---

嫌いなんですよね 車運転するの
でも目的が達成出来るなら何だってやれる
どんな嫌な事でも

 ・・・目的とは?

・・・・・・
あんた わかってるでしょ
私が犯人だって
なんで車に乗ったの?
何かされるって思わなかった?

 ・・・・・・
 あなたはフェアーな人です
 あなたは自分に不利になるかもしれないのに
 私達に資料をすべて見せてくれた
 それに とても厳密にターゲットを選んでいる
 あなたは16年前の事件に無関係な私に
 危害は加えません

・・・・・・

 ・・・・・・
 なぜ私を待っていたんですか?

あんたと話したかった・・・
あんたに言われた事が気になってね・・・
16年間ずっと考えてきたんだ
何もしない という罪について・・・

目の前を走っている舟に穴が開いていて
それに気付いているのに
声を出すのがめんどうだから何もしない
あいつらのやった事はそういう事だ

私はあいつらに あいつらと同じように何もしない奴らに
教えてやるんだ
私の憎しみを・・・ 悲しみを

そうすれば彼らもわかると思うんだよ
何もしないのは罪なんだって・・・
もういやだからね・・・
私の娘や 私のように苦しむ人間を見るのは・・・

私の何が間違っていますか?
間違っているのはあいつらでしょう? 違いますか?

 ・・・ご遺族の方にこんな事を申し上げるのは心苦しいのですが・・・
 江里口さんには後知恵バイアスがかかっています
 人間は結果が悪ければ悪いほど
 行動が悪かった
 つまり犯人は悪人だったと思いがちです

 たしかに「あいつら」には過失や違反や怠慢があった
 でも私は彼らが特別悪い人間だとは思いません

 どんな企業も自社製品の悪い部分は宣伝しません
 研究者は
 研究費や社会的地位のためにちょっとしたリップサービスを
 過酷なTV制作の現場で 検証が不十分な番組を流す
 どれもよくある事です
 彼らを全員罰するべきだとお考えですか?

 ちなみに硬直化しない官僚組織は地球上にはありません 残念ながら・・・
 官僚になるような人間は みな悪人なのでしょうか?

 誰もが思います
 お金をかせぎたい
 都合の悪い事はかくしたい
 仕事をさぼりたい

 人間は弱く愚かです
 ですからそれを前提としたシステムを作るべきなんです
 チェックによってミスを防ぐなんて考えで作られているラインは
 欠陥品を減らせません
 人間はそもそもミスをする存在だからです

 点滴のラインに直接つないではいけない薬剤は
 接続部の形を変える
 手をはさまないよう プレス機は
 両手でボタンを押さないとプレスできないようにする・・・
 同じような対策が この案件でもできるはずです

 人間の本質的な愚かさに罰を与えても
 悲劇はふせげません

・・・・・・
なるほど・・・ システムで解決か・・・
あんたは冷たい人間なんだな
あんたは人間を信じていない

私はどんな人間にも良心があると思っているよ
あいつらにだってね・・・
でもあいつらは何が悪い事かわからなかった・・・
だからやってしまった

でも私が教えれば皆わかる
君の言う あいつらと同じような人間にもね・・・
罰とは何が悪いかを教えるためにあるんだよ・・・
何が悪い事か知った人間は もう悪い事はしない・・・
もう二度と 何もしないせいで
悲劇がおこることはなくなる・・・
・・・そうだろ・・・?

 ・・・・・・
 自首してください江里口さん・・・

・・・・・・
あと1日待ってくれ
あと1日で全部終わるんだ・・・
そうしたら自首するよ・・・

 ・・・なぜそんな事を私に・・・?
 私が通報しないと?

・・・・・・
あんた・・・ 今いくつだ?
16年前 何歳だった?
うちの子も 今ごろはあんたみたいになってたのかね・・・
パリッとした格好で働いたりしてたんだろうか・・・

写真を持ってきたんだ あの子の写真だよ
一番かわいい写真だ
めずらしくまだ桜が咲いている いい入学式だったんだ
会社を半休して見に行ったよ

慈帆っていうんだ
あの子の名前だよ
慈しむに舟の帆で慈帆
どうしても慈しむという字を入れたくてね・・・
ずいぶん妻とモメたよ・・・

16年前 慈帆は12歳だった
・・・・・・
なんでかな・・・
あんたがうちに来た時
あんたは本当の正義の味方に見えた・・・
・・・だから あんたにはわかってほしいんだ・・・

共通テーマ:blog

漫画家エピソード [マンガ]

女子高生と淫行して捕まり連載打ち切り(しまぶー)

 2002年8月7日、携帯電話出会い系サイトで知り合った
 16歳の女子高校生に8万円を渡して援助交際(買春行為)をしたとして、
 神奈川県警に児童買春禁止法違反で逮捕される。
 結果、『たけし』の連載は未完のまま打ち切られ、
 逮捕の翌月に発売予定であった単行本最新刊は
 発売中止することが同年の『週刊少年ジャンプ』39号の
 編集部の謝罪文により発表され、既刊も絶版となった。
 同年8月28日に起訴。
 翌日8月29日に、別の2人の女子高校生16歳に対する買春により、
 児童買春禁止法違反で再逮捕された。
 同年10月29日、横浜地方裁判所により
 懲役2年・執行猶予4年の判決を受ける。

「仕事をさせてくれ」と呻きながら死ぬ(手塚治虫)

 体調の悪化により半蔵門病院に入院し、胃癌と判明する。
 病床でも仕事を続け、昏睡状態に陥るようになってからも
 意識が回復すると「鉛筆をくれ」と言っていたという。
 このため最期の言葉のようなものは残さなかった。

机に向かった姿勢のまま死ぬ(藤子・F・不二雄)

 家族が夕飯の準備を告げると
 いつものように仕事部屋から返事があった。
 だが呼んでからいつまで経っても来なかったので
 娘が仕事場へ呼びに行くと、
 机に向かったまま意識を失っているところを発見される。

出来の悪い原稿を入稿した際、
原稿料の受け取りを辞退する(漫☆画太郎)

 かつては漫画の出来の悪さから
 「こんな漫画でお金を貰う訳にはいきません」と
 自ら原稿料を拒否したこともあったという。

リアルな殺陣を描くため日本刀で猫を叩き斬る(平田弘史)

銃刀法違反で逮捕(花輪和一)

 メカ好きが高じ改造モデルガンや
 故障した拳銃を修理した物を所持していたことについて
 銃刀法違反容疑で警察に逮捕され、
 銃砲刀剣類不法所持と火薬類取締法違反で
 懲役3年の実刑判決を受け、
 札幌刑務所と函館少年刑務所で服役する。

戦時中、ラバウルでマラリアで発病。片腕を失う(水木しげる)

 水木はマラリアを発症、追い討ちをかけるように
 療養中に敵機の爆撃で左腕に重傷を負った。
 軍医によって麻酔のない状態で左腕切断手術を受けるなど、
 再び半死半生の状態に追い込まれた。
 傷病兵部隊に送られるが、そこで島の原住民との交流がはじまる。
 住民はとても親切で水木に果物などの差し入れをしてくれた。

アシスタントの仕事着としてメイド服の着用を強制している(森薫)

キャラ作画担当のスタッフが死んだので
最近は自分でキャラを描いている(さいとうたかお)

数年間着信が無いので携帯解約した(ウラケン)

 ベルセルク・三浦建太郎コメント
 1993年・14号
 7月で27歳、ふり返ればマンガだらけの27年、これでいいのか?
 2001年・10号
 マンガ家暦13年、初めての一週間強のお休み。
 久米島にダイビングの免許をとりにいく。
 友達は忙しいし、彼女もいないので一人で行く。
 2002年・7号
 長い間、人に会わないと口がうまくまわらなくなる。
 2002年・21号
 2年間着信ゼロ。携帯解約しよ。
 まずしい人間関係が私を机に向かわせる原動力。
 2004年・23号
 俺の休みは2か月に半日。もう4年も2日続けて休んでない。
 そろそろあちこちガタがきてる。
 2005年・9号
 過労でまた倒れた。グインの百の大典行きそこなった。うえーん!
 2006年・2号
 30代もあとわずか。マンガ以外何もないイビツな人生だが
 もうとりかえしがつかないのでこの ままGO!
 2006年・3号
 今年もひきこもるぞ━━!

嫁をニコ厨に寝取られ離婚、
娘の養育権を手に入れる為に大量の慰謝料を払う(矢吹)

自殺(犬丸りん)

嫁のつけまつげが廊下に落ちているとビックリする(荒木飛呂彦)

新連載の約束をするも「おめぇの言葉は信用ならねぇ」と編集に言われ
ストーリーが定まってないのに予告編を描かされた(沙村)

連載誌で「私も18までにアニメ化目指します」
ブログで「ガモウ死ね」
短編集でバクマンを揶揄したパロディ漫画を描くなど
執拗にバクマン叩きを続ける(篠房六郎)

銃刀法違反で捕まる(小畑)

年に一度しか仕事場から家に帰らない(尾田)

 2010年、『週刊少年ジャンプ』2010年39号掲載の
 「ONE PIECE」第597話で物語に大きな区切りがついたことに伴い、
 連載を40号(9月6日発売)より43号(9月27日発売)まで
 4週にわたり長期休載、44号(10月4日発売)より連載を再開。
 甲斐谷忍はツイッターで尾田が実質休んだのは一週間のみで
 残りは仕事をしていたと語っている。
 尾田は休暇の間は家族でハワイに旅行に行っていた。

嫁がネトゲで知り合った男とネトゲ上(の機能)で結婚
「僕とネトゲ婚とどっちが大事なの?」と詰め寄った(奥(GANTZ))

風呂に行くのが面倒で(金もないし)流しで身体を洗う(赤塚不二夫)

娘を輪○されたあげく惨殺された(梶原一騎)

単行本巻末に登場していた飼い猫が21歳まで生きる(衛藤ヒロユキ)

週末は専ら草野球チームで活動(高橋陽一)

アシスタント時代、あまりにも使えず炊事ばかりやらされたあげく
トラック運転手にでもなれとクビにされる(福本伸行)

大のマスコミ嫌いで、電話機は毛布にくるんで
冷蔵庫にしまってあるという(いしいひさいち)

年を取らない(荒木飛呂彦)

共通テーマ:blog

呪われた愚衆達 [マンガ]

 隊長大丈夫ですか!! もうやめて下さいっ

  もうムリだ

   畜生っ 次は俺がっ 隊長にばかり戦わせてはいられねぇ

「や・・・やめろ 俺はまだ・・・戦える まだだ」

 ”ガガ・・・ 警視庁より 帝国タワーへ出動中の全警察官に命じる”
 ”SAT 機動隊 捜査一課 及び所轄の全警察官は
  速やかに現場より撤収せよ”
 ”繰り返す・・・”

「俺達は・・・規律の中で生きている・・・
 め・・・命令は絶対だ それが・・・組織だ」
「規律により人は生かされ
 規律により動く我々が正義を守り 国民を守る
 俺達は命令を信じる兵だ」

「しかし・・・ 本来の正義にそぐわない行為も
 命令されたとあれば 黙って聞くべきなのか・・・?」
「いつの世も 人を殺し苦しめる本当の悪は
 悪政をふるう独裁者か? それとも命令を下す権力者か?
 違う・・・ 抗う強さもなく保身に正義を売る俺達兵が 本当の悪だ」

「俺は・・・気付いた 俺の役目はお前らに それを教える事なんだと
 俺はまだ・・・ 戦うんだ」

 もうバトルはいいよ あきた

  ルーレット まだかよっ いつまで待たせるんだ

   早く悪人を晒せっ 悪い奴はどこだ

「ハローエブリバディ お初にお目にかかります
 私 この2時間ほどあなた方とお付き合いしてまいりましたが
 1つ言っておかなければならない事があったのです」
「聞いてください 私はお前らの事が 嫌い だと」

「ルーレットォー? ハッハー 与えられた燃料にこぞって群がるその様は
 まるでハイエナのよう・・・ いや ハイエナ以下です」
「ハッハー見えますよー 無知な怒りをぶちまける様が目に見えまーす」
「では私から質問です 今私がここでルーレットを全て暴いて
 お前らはそれから何をする?」

「騒いで この後始まる低俗なワイドショーを見て 踊り
 悪人達に罰を与えろと 叫び インターネットに不満をぶちまけ ストレスを燃やす」
「それからどうする!」
「ただ自然鎮火を迎えるだけ 何しろお前らの得意技は
 他人に踊るように仕向けられ 踊る事だけだからだ
 さて 鎮火後踊り疲れ 燃えるような熱さが懐かしい過去の出来事となり
 それからどうする!」

「また電波ジャックやルーレットを待つのか?
 踊れと言われるまでじっと待つ日々を送るのか?」
「お前らは不正や悪人を許せないんじゃなく 何かにケチをつけたいだけ・・・
 身なりだけは立派だが エサほしさに群がる罪深き無知共だ」

「自分達一人ひとりが 強い意志を持って 自分で狩れよ」
「自分で狩れば 骨も肉も血もムダなく本物の味が味わえる・・・
 自分が何で命を燃やすか考えろ」
「与えられるものだけに群がるから踊らされる
 自分で探せ 自分の不満は自分で探せ 不正と戦いたきゃ自分で探せ」

「いつも嘆いてばかりだから気付かない お前達は本当は強者だという事に」
「戦わなければ最弱であり 戦えば無敵である事に気付け
 君達の数に勝てる権力など存在しない
 君達は無敵のバッファローの群れだ
 不当なものと戦いたければ戦えるじゃないか」

「よく考えろ 幸せじゃないか君達は
 他の国とは違い この国では戦っても銃殺される事はないのだから」

共通テーマ:blog
前の5件 | - マンガ ブログトップ