So-net無料ブログ作成
検索選択

出生前診断で障害児100%中絶 [その他]

米CBNニュースが現地時間の8月15日、
アイスランドでは出生前診断で染色体異常が出た妊婦の
「ほぼ100%が中絶をしている」という衝撃的な記事を投稿。

ダウン症の子を産まないという判断は正しいものなのか、
全米では政治家を交えた熱い議論がなされています。

アイスランドでは出産前の検査が慣例化されており、その検査自体が
中絶をするように人々を促しているのではないかとも言われています。

この国では、染色体異常が判った妊婦の100%近くが中絶を希望。

これによりダウン症児がほぼ”根絶”されているのですが、
健康な子供が生まれてくることを科学的に選ぶことは
本当に正しいことなのか議論が起きています。

米国上院議員のテッド・クルーズ氏がこの記事に関して
「本当に悲しいことだ。ダウン症として生まれてくるはずだった子どもたちも
等しく神の祝福を受けるべきなのに」とツイート。

これは大きな反響を呼び、一部アイスランド人を
『ナチスだ』『大量虐殺者だ』と呼ぶ人も出るなど混乱を呈しています。

「中絶は殺人とはみなされません。我々はこの方法を、
(ダウン症を患うことで起こりえる)様々な苦痛から子どもや家族を守り、
終止符を打つための手段だと考えているのです」

そう話すのは、Landspitali大学病院の
ヘルガ・ソル・オラフスドッティルさん。

事実、ダウン症児は高い確率で
何らかの合併症を持つことが多いとされており、
生むか生まないかは親の判断に委ねられています。

http://yurukuyaru.com/archives/72228956.html

------

私も妊娠中に発覚したら産まないな

難しい問題だけど、
出生前診断の結果は選択肢を広げるよね。

綺麗事じゃ済まされないんだよ。
何年も大変な思いをして育てないといけないんだから。

文句言う人が責任とってくれる訳でもないのに

ダウン症でも産もうよ。
せっかく授かった命なんだから。

文句を言うなら私が育てると産んで貰って自分が育てたらいい

当事者以外何も言えないな。
どちらの選択をしても家族が決めたこと。
他人が責める権利はない。

人口33万人だからね
国ごと村社会
同調圧力がすごそうだ
自分はダウン症だと判明したら中絶する派だけれど
産むと選択することが社会的圧力で困難になるのは嫌だな

それでも産みたいという人は産んで、
育てるの無理だと思う人は産まなければいいから、
出生前検査はしたほうがいいとおもう。
特に無理な人。

私は今、35才で妊活中。
看護師として何年か前まで小児科で働いてた。
ダウンの子達もいっぱい会ったし、みんな可愛かった。
でもこれ本当に他人事じゃないし、綺麗事でもない。
検査を受ける事も、受けて結果がダウン症だったとしても、
ギリギリまで悩むと思う。

ずっと子供のままならまだいいけど、
大人にもなるし力の強い男にもなるからね。
子供のままのイメージの人は危険とおもいます。

ある日、黄色人種は病気です。ってなったとき、
淘汰されればいいなんて言われてどんな気持ちになるだろうね。

染色体の数すら違うダウン症と、
DNA中の0.何%?ってレベルの肌の色の違いを一緒にするの、
馬鹿じゃないの?
てかダウン症は実際自立して生きるのも難しいから
こんなに問題になってる訳だし
黄色人種の親は黄色人種だけど
ダウン症は健康な人からも生まれる訳で

批判するだけなら簡単。

お金と時間がかかるからね
余裕があって可愛がれるなら産めばいいと思う
産んで自分も子供も不幸にするくらいだったら産まない方がいい

みんなひどい。
かわいそうだと思わないの??

まぁその為の検査だろうからね…

共通テーマ:妊娠・出産