So-net無料ブログ作成

携帯は14歳まで持たせない [その他]

●ビル・ゲイツは自分の子どもが14歳になるまで携帯電話を与えなかった

世界一の大富豪であるマイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏は、
自分の子供が14歳になるまでは携帯電話を持たせなかったそうだ。
英紙『ザ・ミラー』でのインタビューで明かしてくれた。

14歳になり携帯電話を持たせた後も、
食事中に使用することや、寝る前に使用する時間も制限しているらしい。

・IT業界をけん引してきたゲイツ氏だが子供にはスマホを制限

ゲイツ夫妻にはジェニファー(20歳)、ロリー(17歳)、
フィービー(14歳)の3人の子供たちがいる。
デジタル世代へいたる技術革新の中心人物でありながら、
皮肉なことに彼自身は子供には制限が必要だと考えているのだとか。

「画面を見てはいけない時間を定めています。
この場合はあまり夜更かしをしないようにですね」とゲイツ氏。

スマートフォンやSNSについて、
「宿題で使ったり、友達つきあいに役立てたり、
素晴らしい使い途はたくさんありますが、
行きすぎることもあります」と語る。

「食事中にまで携帯を眺めている必要はありませんし、
14歳になるまで与えもしませんでした。
他の子はもう持っているって文句を言われましたよ」

・大富豪でありながら子供には普通の子と同じように

現在、ゲイツ氏の総資産額は9兆7,000億円と推定されている。

2013年、彼はNBCの番組で
子供がデジタル機器を持つのは13歳がふさわしいと発言。
莫大な富を有していながらも、ゲイツ夫妻は子育てについては
できる限り普通のやり方で行うつもりだと語った。

さらにその資産の大半を相続させるのではなく、
寄付するつもりである旨も口にしている。

・マクドナルドが大好き、腕時計は約1000円のカシオ製

2014年にマイクロソフト社の会長職から退き、
現在は慈善活動家として精力的に動き続けるゲイツ氏だが、
案外普通の人と変わらない面も多い。

ザ・ミラー紙によると、今回のインタビューで身につけていた時計は
1,000円ほどのカシオの腕時計だったという。
またマクドナルドやバーガーキングが大好物であることも
公言してはばからない。

http://karapaia.com/archives/52237854.html

共通テーマ:blog