So-net無料ブログ作成
検索選択

残業100時間なんてひどい [その他]

政府が導入を目指す時間外労働の上限規制で、
焦点になっている繁忙期の1か月の上限をめぐり、
経団連と連合から合意内容の報告を受けた安倍総理大臣は、
長時間労働の是正に向け、「100時間未満」としたいという考えを示し、
上限規制はこの方向で決着が図られる見通しとなりました。

政府が導入を目指す罰則付きの時間外労働の上限規制をめぐり、
経団連と連合は合意文書の取りまとめに向けて協議を続けてきました。

そして、繁忙期などは、「年間720時間」を前提としつつ、
「2か月から6か月の平均80時間」かつ「月100時間」を上限とし、
月45時間を超える時間外労働は6か月までとすることで、
おおむね一致していました。

ただ、焦点の繁忙期の1か月の上限について、
連合が、過労死ラインを下回ることを明確にしたいとして、
「100時間未満」と主張したのに対し、
経団連は、経営への影響を考慮して、
「未満」とすることは受け入れられないと主張し、
調整が続けられてきました。

その結果、繁忙期の上限について、
「100時間を基準値とする」という表現にすると同時に、
時間外労働の削減に向けて
労働基準監督署が積極的に助言や指導を行えるようにするため、
労働基準法に基づく指針を策定することで合意しました。

これに対し、安倍総理大臣は
「合意では『100時間を基準値とする』とされているが、
ぜひ『100時間未満』とする方向で検討してほしい」と述べ、
長時間労働の是正に向け、
連合が主張していた「月100時間未満」としたいという考えを表明し、
難色を示していた経団連側に歩み寄りを求めました。

そのうえで、安倍総理大臣は
「3月中に実効性のある働き方改革実行計画を取りまとめたい。
今回の合意は大きな一歩だが、最初の一歩にすぎない。
極力労働時間を短くしていく努力が求められる」
と述べました。

・連合「大きな改革で第一歩」

連合の神津会長は、会談の終了後、記者団に対し
「『100時間』まで働かせることができるという
誤ったメッセージが世の中に流れることは絶対に避けるべきだという思いで
対応してきた。上限時間を定めることは、労働基準法の70年の歴史の中で
非常に大きな改革であり、第一歩だ。これから本当の意味での
過労死、過労自殺の根絶に向けて、歩を進めていきたい」
と述べました。

・経団連「首相の要請 重く受け止める」

経団連の榊原会長は記者団に対し、
「今までは事実上、無制限に残業できる制度になっていたが、
何としても変えなければいけないというのが、経営側の強い決意だ。
『月100時間未満』という安倍総理大臣の要請を重く受け止め、
持ち帰って検討し、経済界としての対応を決めたい」
と述べました。

・遺族「長時間労働 なぜ認める」

過労のため自殺した、電通の元社員の高橋まつりさんの母親の幸美さんは、
文書でコメントを発表しました。
この中で幸美さんは、
「このような長時間労働は健康にきわめて有害なことを、
政府や厚生労働省も知っているにもかかわらず、
なぜ、法律で認めようとするのでしょうか。全く納得できません。
人間のいのちと健康にかかわるルールに、
このような特例が認められていいはずがありません。
繁忙期であれば、命を落としてもよいのでしょうか。
娘のように仕事が原因で亡くなった多くの人たちがいます。
死んでからでは取り返しがつかないのです」
などと述べています。

18年前に小児科医の夫を過労自殺で亡くし、
「全国過労死を考える家族の会」の東京代表を務める中原のり子さんは、
「100時間の時間外労働で、多くの労働者が
心を病んだり命を亡くしたりするなど、
健康を損ねている事実があり、到底納得できない。
政府には、本当に過労死ゼロを目指していると言えるのか問いただしたい」
と話します。そのうえで、
「過労死は労働時間だけでなく、仕事の過密性や
心や体に影響が出るさまざまなハラスメント、サービス残業の問題もあり、
家族の会としても、まずは今回の合意を一歩として、
過労死がない社会に向けてさらに規制を強めるよう求めていきたい」
と話していました。

------

日本のマスコミは報道のしかたが本当に悪い。
残業は原則45時間が基本なのは変わってないし、
月に100時間残業させても良いという訳ではない。
今まではそれが無制限だったから規制をしたんじゃないか。

それでもやはり多いが、過去に今回策定された上限を超える、
つまり、月100時間以上の残業をさせた事例が、
残業をした企業の中に約1割程度あるという。
1年に1月ではなく、ほぼ毎月のように行われた事例もあるとのこと。
これら習慣化した違法残業を根本的に解決するための
一歩と見ることも出来る。

テレビ報道はそのまま受け取っちゃだめね

twitterでは
残業100時間なんてひどい派と
100時間ぐらい余裕派のキチガイが争っている模様

残業が悪いんじゃなくて残業代払わないことが悪いんだよなぁ・・・
仕事が多いのは仕方ないし残業するのも仕方ないけど
効率だのパフォーマンスだの言って人件費削って
残業未払いっていうほうに問題がある。

着実な一歩。
違法残業は撲滅すべし。
でも各自は各自で、残業は自分でコントロールできるように頑張るんやで。

残業に規制かけるんじゃなくて、サビ残に規制かけてくれよ。
問題はそこじゃないんだよ。

サビ残はもともと規制されてんだろ
労基行けよ社畜

歯科技工士や医療看護士は
超長時間労働を見て見ぬふりされているんだよな。
お願いだからすべての労働環境実際に見に来て調べてくれよ~。

本当は残業することなく、いかに定時に帰れるように
段取りをしていくことが大事なんだけどね
遅くまでやるのは偉いことと勘違いしてる世代がまだまだいる

残業しなきゃやっていけない基本給にメス入れてくれ

いきなり45時間で規制しちゃったら、成り立たなくなる企業もあるからな。
こういうのは時間をかけて少しずつ規制してゆくしかないんだ。
そういうことも報道せず、100時間までOKかのように報道するカスゴミ。

もっとはっきりした規制と罰則を
月100時間も残業しないとあかん企業は潰れてどうぞ

何時間に設定しようが
サビ残未払い野放しで破っても大したお咎めも無いんじゃ
意味無いんだけどな。

自分の仕事を時間内に終える事が出来なかった以外の理由で
残業するなんぞまっぴらゴメンだわ。
あと時間内に終わらない様な計画を立てる上の人間もクソだわ

まぁ、何を対策しようと雇用側の体質が変わらんから一緒。
定時でタイムカード押すだけor家で仕事やらされるだけ。
コストカットとか効率化って、ITねじ込んで
二人分以上の仕事を一人にやらせてるだけだもの。
たとえそれを2人に増やしたところで、
今度は2人に4人分の仕事を押し付けるだけ。
この娯楽飽和のご時勢に、仕事が生きがいの仕事マシーンは居らんよ。

今まで無規制やりたい放題だったのが
今回ようやくそれ違法だよ!ってなったのに
報道ステーションはじめテレビメディア見る限りは
アベが経済のために100時間までOKにしたと
誤解させるような報道してるからな

サービス残業だとか残業代がカウントされないだとか、
仕事持ち帰りになるだけだとか言ってる社畜が居るけど
そんなのは、今回の法改正に関係なくアウトなんだよwww
馬鹿なのか?

共通テーマ:仕事
      

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...