So-net無料ブログ作成
検索選択

難民NO!日本に支持の声多数 [その他]

今回は、日本の難民受け入れの状況を伝えた、
中東メディア、アルジャジーラ英語版の記事から。

昨年日本に難民認定を申請した外国人は、
過去最多の7586名に上りましたが、
そのうち実際に難民と認定された方は27名でした。
その数は2014年の11名から倍以上に増えていますが、
申請者のうち99%以上が却下された計算になります
(なお、認定された方の国籍は、アフガニスタン人6名、
エチオピア人3名、スリランカ人3名、シリア人5名)。

アルジャジーラ紙は上記の内容を含んだ記事を、
「昨年日本は難民申請の99%を却下した」というタイトルで報道。
日本の難民認定審査の厳しさが端的に紹介されていますが、
コメント欄は日本を支持する声でほぼ埋め尽くされていました。

ーーーーーー

日本は正しい方向に進んでいってるね……。
オーストラリア
  
素晴らしく賢明な民族じゃないか。
イギリス

自分たちのアイデンティティを失いたくないのね……。
国を守る為の素晴らしい判断だったと私は思います。
インドネシア

賢明な判断!
日本人は自分たちの文化と女性を守ろうとしてる! 
アメリカ

ドイツの二の舞にはなりたくないってことだろうな。
インド

日本は本当の難民だけを受けいれたわけでしょ。
オーストラリア

日本は恥を知れ。こんなの非人道的じゃないか。
パキスタン 

日本の犯罪率が低い理由がこれだよ。
国籍不明

なんで日本が難民を受け入れなきゃいけないの?
日本が難民を生む原因を作ったとでも?? 
ネパール  

日本人は卑怯者を嫌う人たちだからね。
ベトナム

日本人こそ卑怯な手段で難民を受け入れてないのに? 
国籍不明

警戒することは別に卑怯じゃない。
バングラデシュ

シリアから日本に???? 遠すぎる。遠すぎるよ。
近隣諸国に行けばいいんだよ。
ヨーロッパは間違いなく崩れるだろうけど、
幸運なことに、日本には賢明な人たちがいる。 
インド

イギリスも日本と同じくらい審査を厳しくしてほしい。
イギリス 

日本は難民の受け入れが少ないかもしれないが、
彼らは自分から問題を起こすことも絶対にしない。
常にニュートラルな立場だよ。
俺たちも日本の姿勢を見習わないといけない。
オーストラリア

個人的には、日本はもっと柔軟になった方がいいと思うね。
フロリダ

よくやったぞ日本! ヨーロッパも日本に続け! 
ドイツ

過去にブラジルや他の国は日本の難民を受け入れてたのに、
どうして日本は難民を受け入れようとしないの? 
ブラジル

ブラジルと日本の国土の大きさを見比べれば分かる。
神の思し召しにより、テロの可能性がない安全な国が、
世界のどこかに存在することになったんだ!
カナダ

だって日本は難民を生むような行為はしてないだろ? 
アメリカ

だから日本は安全で、清潔で、美しく、伝統ある、
平和で、完璧な国なんだろうと思うよ。
どうか本当の日本をいつまでも保ち続けて欲しい。
メキシコ

日本に難民を受け入れる義務はないさ。
なぜなら戦後日本は、一切の紛争を起こしていないのだから。
日本に素晴らしい外交政策があることを僕も嬉しく思う。 
アメリカ

日本に神のご加護がありますように。
日本は国土が小さく、独自の文化がある国だ。
日本のことはそっとしてあげてくれ。 
カナダ

日本は豊かな国であることを考えると、
これはかなり恥ずべきことだね。
国土は狭いだろうけど、行き場所がない難民を受け入れることは、 
不可能ではなかったんじゃないだろうか。 
国籍不明

よくやった。日本政府は自国民や社会を第一に考えてるんだよ。
「差別だ」と泣き叫び、自己破壊願望を抱いた、
洗脳されてしまった欧米人とは違ってね。 
アメリカ

グッジョブ。
これこそまさに、日本が地球上で一番平和な国である理由だな。
難民は石油で潤ってる中東各国が自分たちで受け入れたらどうなんだ。
難民が故郷から逃げざるを得ない状況になっている一因は、
彼らにもあるわけなんだから。 
アフガニスタン

ところで、日本のムスリムたちは礼儀正しいよね……。
やっぱり宗教の問題じゃなくて、環境の問題なんだと思う
(環境というのは、つまり文化面や経済面)。
それが行動の違いに繋がっているんじゃないかな。
アメリカ

私は日本の審査の厳しさを、完全にではないけど支持します。
現状、難民を受け入れた国では緊張が生まれてる。
もちろん世界中の国が手を取り合うことは大事だけど、
難民の人たちを盲目的にドンドン受け入れて、
警戒すらしないのはちょっと違うと思うんだ。
イギリス

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1809.html

共通テーマ:blog