So-net無料ブログ作成

花粉症って日本だけ? [知識]

これからのシーズン、花粉症持ちの人間にはつらい季節だ。
花粉症というのは、海外にはないという話を聞いたことがある。
結論から言えば、花粉症は世界各地に存在する。
欧米でも枯草熱(hay fever)という用語があるほどだ。
ただし、日本で2~3月に起こる劇症的なスギ花粉症は
まず存在しないといえる。

スギの学術名はクリプトメリアヤポニカである。
ヤポニカは日本を意味するラテン語である。
スギは日本固有の植物なのだ。
分布域は、青森から屋久島まで日本列島に広く分布する。
そのため、北海道と沖縄にはスギ林が少なく
花粉症のひどい症状が出ることはない。

スギは古来より、建築資材として重用された。
スギの植林は江戸時代から行われていた。
戦後になると、焼け野原となった都市を再建するために
多くの木材が必要となった。
そこで国策として拡大造林計画が推進され、各地にスギが植えられた。

現在、日本の森林のうち40%ほどが人工林であるが、
そのうち43%がスギ林となっている。
それほど需要のある木材であったのだ。
だが、大量にスギが植えられているのに花粉症が存在しなかったのはなぜか。

実は、スギ花粉というのは、樹齢30年ごろから飛散を始める。

戦後に植えられたスギが切り取られる時期は、
日本は高度経済成長期となっていた。
建築技法の変化や、安い海外産の木材の流入により、国産スギの価格が下落。
そのため、需要がないとして放置されるスギ林が増え、
樹齢30年を超えたスギが花粉を飛散させるようになったのだ。

スギ花粉が初めて確認されたのは1964(昭和39)年。
東京オリンピックの年である。場所は栃木県日光市であった。
それまでは花粉症のような症状があっても原因は特定されていなかった。
人類の長い歴史から見れば、
スギ花粉症はつい最近発見されたばかりの現代的な病気なのだ。

スギ花粉は樹齢50年ごろまで飛び続けると言われている。
専門家の分析によれば、西暦2030~50年頃までは、
スギ花粉の大量飛散は続くと見られる。

東京都などは、無花粉のスギ・ヒノキの植え替えを進めているものの、
新たに木を植えたとしても買い手がつかないため、
事業が進んでいないのが実情だ。

花粉症の原因となるアレルゲンは、春はスギのほかヒノキ、
シラカンバ、春から秋にかけてはホソムギ、ナガハグサなどイネ科の植物、
秋にはブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど数多く存在する。
場合によっては1年中花粉症状態という人もいる。

これらの植物は海外にも存在する。
ただし、スギがない場所へ行けば、少しは花粉症がやわらぐのは事実。
お隣の韓国や台湾にもスギ花粉症は存在しない。

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1453713331635.html

共通テーマ:blog