So-net無料ブログ作成

花粉対策杉植替えに700年かかる [その他]

いまや国民病ともいえる花粉症。
花粉の舞う季節になると、罹患した人たちの生産性はいちじるしく低下する。
なかでも多くの人を苦しめているのがスギの花粉だ。

日本の森林率は約7割と、世界でもトップクラス。
その中でもっとも広い面積を占めるのがスギ林で、実に国土の約2割に達する。
もともとスギは育てやすく、成長も早い。
戦争で荒れ果てたハゲ山を森に戻し、復興に向けた木材需要にも応えようと、
1960年代からせっせと植林を進めてきた。
それらの木々が50年を経たいま、収穫期に入っている。

ただ、伐採・出荷に適した樹齢46~55年にまで育っていても、
面積がそれほど減っていない。
これはつまり、収穫期に入った木であっても
伐採が進んでいないことを意味する。

この背景には、安い輸入木材との競合にさらされ、
伐り出しても採算が取れないため、放置されたスギ林が存在することがある。
また高級木材とするために欠かせない、
育成途中で必須となる枝打ちや間伐が後継者不足で行われず、
木材として使い物にならないので捨て置かれた山。
さらには植林をあまりにがんばりすぎたため、
いまでは人が踏み込まないような山奥にまで植林は進み、
伐り出すにも伐り出せないスギ林も多く残る。

スギは樹齢25~30年を経たあたりから花粉を放出し始め、
その後、100年まで勢いは衰えることがないという。
現在のスギ林の8割超が樹齢30年以上を経たスギで、
これらが盛大に花粉を放出しているのだ。

花粉をなくすいちばん手っ取り早い方法は、
スギの木を片っ端から伐ってしまうこと。
しかし、単に伐り倒せばすむ問題ではない。
水源涵養作用のある木を伐採すれば、
やがて山は荒れ果て、地すべりや土石流の原因になりかねない。
そもそも伐採するだけでは、その費用回収ができないという問題もある。

それを回避するためには、建設資材などとして売却しつつ、
植え替えを進めるしかない。
すでに林野庁は1996年に開発された、花粉が少ない苗木の移植を進めている。

ただ、それも足元の対策としては“焼け石に水”だ。
林野庁によると、2015年度に植えられたスギの苗木は約1984万本(暫定値)、
面積にして約6600ヘクタールだった。
うち花粉が少ない対策苗木は426万本、面積に換算しても1420ヘクタール、
2割に過ぎない。

「そもそも日本全体で苗木が不足している」。
日本で有数の山持ちでもある住友林業の担当者は嘆息する。
国から配られた花粉が少ない対策苗木も育苗し、
自社保有林だけではなく全国に供給しているが、その量は
「1割なんてとんでもない。ほんの数%」というくらい少ないというのだ。

林野庁は2017年度には花粉症対策苗木を1000万本まで増やす方針だが、
たった2年で本当にそこまで増やせるのか。
さらに2012年時点のスギ林が448万ヘクタールもあることを考えると、
年間1000万本超を植えることができたとしても、
すべて植え替えるには700年近くの時間が必要となる。
しかも国産材は輸入木材に比べると割高になるため、
需要が伸びにくいという面もある。

スギは木目が真っすぐで、柔らかく加工もしやすい、利用価値の高い木材だ。
調湿性や断熱性にも優れており、日本の家屋に適している。
それだけに花粉は玉に瑕。
花粉の飛ばないスギの普及が望まれるところだが、
花粉撲滅への道は険しく、長い。

http://toyokeizai.net/articles/-/161376

ーーーーーー

やるだけ無駄やからやめりゃいいのに

杉以外に木ないんか?

材が取れる方がええやろ
ひのきはコスト10倍やで

無理やんけ 薬開発した方が早いわ

植えスギィ!

花粉症ってほんまにあるんか?
山間部に住んでるけどなった事ないわ
他の変な病気なんちゃうか?

不衛生な環境で育つと花粉症になりにくい

ひと昔前の日本では、家畜の糞や砂埃など、
さまざまな"汚れ物質"が生活環境のいたるところにありました。
この汚れ物質と一緒にアレルゲン(アレルギーを引き起こすダニや花粉など)
を吸い込むと、成長してもアレルギー症状を起こしにくくなくなることが
最近の研究でわかってきました。
「じゃあ、1歳くらいまでに汚れ物質と一緒にアレルゲンを吸い込めば
予防できるの?」と考えがちですが、
現代の清潔な環境ではむずかしいかもしれません。
今の日本では、昔のように
汚れ物質を日常的に吸い込むことは不可能に近くなっています。
アレルギー性疾患は、
生活環境が清潔になったことから増えている現代病なのです。
あまりに清潔にしすぎると、
世の中の雑菌に触れる機会が減り、免疫力が低下し、
それほどもない雑菌に触れるだけでも病気を発症するので、
ほどほどがいちばんという情報を目にしたことがあります。

田舎でも最近は単純に量が増えてて花粉症の患者増えてるぞ

国民5人に1本の割合で毎年新しいスギを植えまくっている模様

まじでやめろや

花粉対策の道具や薬が売れて経済が潤う
医者も儲かってwinwinやね・・

いらない経済活動なんだよなぁ
他にその労力を回して

まだ植えてんのかいなアホやな

スギは利用価値が高い、と書いてあるな
つまり金や

樫とかのほうが絶対利用価値高いわ
杉とか全然使われとらんやんけ

輸入材のほうが安いのにまだ植えるのか…
将来的に資源になるんですかね?

共通テーマ:blog