So-net無料ブログ作成
検索選択

囚人不足で刑務所閉鎖。しかし [その他]

●囚人不足のためオランダが刑務所閉鎖を続行

オランダは2009年に8カ所、
2015年に19カ所の刑務所の閉鎖を決定しましたが、
これらに続いて2016年も5カ所の刑務所の閉鎖が
決定されたことがわかりました。

オランダの刑務所が次々に閉鎖している原因の1つは、
単純に犯罪そのものの数が減少していること。
もう1つは裁判官が有罪判決を下された人に対して
短い刑期を言い渡すようになったためです。
DutchNews.nlによると
オランダの犯罪率は年0.9%の割合で減少しており、
このままいくと2021年に
は3000の独房と300の少年鑑別所が不要になるとのこと。

刑務所職員が職を失うという問題はあるものの、
刑務所が閉鎖されればそれまで必要だったコストを削減できるなど、
よい点もあります。
またノルウェーでは犯罪者が多すぎて
収容する場所が足りない、という状況になっており、
2015年には1000人もの囚人がオランダに移送されました。

さらに、閉鎖された刑務所の中には
難民や移民のためにオランダ政府によって提供されているところもあります。

スウェーデンはオランダと同じような状況で、
2年間で囚人の数が6%減少したため、
2013年には4つの刑務所が閉鎖されました。
これは2011年から薬物犯罪に対する
刑の言い渡しが軽くなったためと見られています。
一方で、薬物犯罪に対して厳しい措置を取るアメリカは
囚人の数が世界最多になっており、
2013年には2200万人が収容されることとなりました。

http://gigazine.net/news/20170304-netherlands-closing-prisons/

------

●オランダが犯罪減少で刑務所閉鎖 
 減っても凶悪犯罪日本の10倍の実態

「オランダで犯罪が減りすぎて刑務所が大量に閉鎖されている」
という海外の話題がネットで紹介されていました。

実態は少し違っていて、犯罪を合法化したことと、
元々多すぎた収容者が少し減ったという事でした。

オランダには極刑がなく、
しかも刑罰が一般的に軽く、刑期が短い事が多い。
それでも毎年平均0.9%ずつ犯罪率が減少しているので、
極刑廃止運動の有力な根拠になっています。

本当にオランダが平和な国で、
刑罰がなくても人々が法律を守っているかというと、
そうでは無いようです。

まずオランダの犯罪率が減少していると言っても、
そもそもの起点が日本よりずっと高いところから下って来ています。
10万人辺りの凶悪犯罪はオランダ10.84件に対して、
日本は1.10件(共に2001年頃)なので、
オランダは最初から10倍多いです。
犯罪発生率はオランダ8.83%に対して、
日本は2.3%なので、こちらも4倍近くオランダは多いです。

さらにオランダ特有の事情があり、
日本では罪になる事が合法化されている事があります。
日本では全て違法になっている『吸引するやつ』とか
『女性が手っ取り早く稼ぐ商売』などがそれです。

さらにオランダの刑罰は他国よりかなり軽く、
暴行で相手をしなせた場合の刑期は、たった2年だそうです。
もちろんもっと長い判決もあるのだが、
3年以内で出所する場合がかなりあるとの事です。
相手がなくなってもこの程度なので、ほとんどの犯罪は
刑期が数ヶ月で、すぐに出所するから刑務所が空いているのです。

オランダは移民が多い国で、人口の過半数が移民だったりするが、
これを引き合いに出して「移民で犯罪は増えない」と主張する人も居ます。
だが実態は書いた通りなので、
減ったといっても日本の10倍の凶悪犯罪率です。
合法化の恩恵を受けていない暴力事件などは、
逆に増えているという統計も出ているようです。

オランダを例に出して極刑は不用とか、移民で犯罪は増えないとか、
刑を軽くしろというのは適切ではないようです。

http://thutmose.blog.jp/archives/59569337.html

------

●スウェーデンでは受刑者人口減少、
 刑務所の供給過多で4所を閉じることに

アメリカの刑務所人口の方は、収拾がつかず
どんどん酷くなっているというのに…。
スウェーデンでは全くの逆のようです。
信じがたい話ですが、スウェーデンでは
受刑者の数に比べて刑務所供給過多になっているため、
4つの刑務所を閉じる事になったようです。

しかしながらスウェーデンでは犯罪が減っているというわけではなく、
むしろ犯罪発生率は少し上がっているそうですが、
犯罪者を閉じ込める手段をとるより、
彼らのリハビリを行う方に力を入れた結果、
刑務所が供給過多になったんだとか。
実際、2011年から2012年の間で刑務所人口は6パーセント減っています。
(一方アメリカでは、連邦政府の施設は40%のキャパシティを超えている)

先週のニューヨーク・タイムズの社説ではこの件が取り上げられ、
アメリカは、ほとんどの受刑者の収監期間が12ヶ月未満である
ヨーロッパの刑務所から学ぶべきだと主張しています。
一方アメリカの刑務所の収監期間は平均3年間。
期間を短くするだけではなく、
受刑者にはもっとプライバシーと自由を与えて扱うべきだし、
社会復帰の手助けをすべきだと。

日本も学ぶところはあるのでしょうか。

http://www.gizmodo.jp/2013/11/high4_1.html

共通テーマ:blog
      

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...