So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

厳しい難民申請、自殺者も [その他]

難民認定が認められないまま、茨城県牛久市の
東日本入国管理センターに長期収容される外国人が増えている。
4月に30代のインド人男性が自殺し、
5月には3人が自殺未遂をする事態が起きた。
入管施設で何が起きているのか。

同センターは、法務省が不法滞在などを理由に強制送還する外国人や、
難民認定を申請中の外国人を一時収容する施設だ。
男性の自殺後、一部の収容者がハンガーストライキを始め、
待遇に注目が集まったことから、
同省は5月下旬、施設内を報道機関に公開した。

同省によると、センターは男性専用で、収容者は41カ国の337人。
約7割が難民認定を申請中だ。
国籍別にはイランが最多の四十数人で、次いでスリランカ人が多いという。
7、8年ほど前には、標準的な収容期間は2~3カ月だったが、
最近は1~2年に延びる傾向にあるといい、最長は4年11カ月だった。

収容者が主に暮らすのは定員1~5人の居室と、同フロアの共用スペース。
洗濯室やシャワー室、医師や看護師のいる診療室、家族らとの面会室もある。
共用スペースなどは、カメラで常に監視されている。

居室を出られるのは、午前と午後に計6時間ほど。
共用スペースで卓球をしたり、外部の知人に電話したりできるが、
屋外で許される運動は1日40分。
給食は1日3度。イスラム教徒には「豚肉抜き」といった個別対応がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000024-asahi-soci

------

外国人労働者の受け入れも厳しくやってほしい。
人手不足と言ってジャンジャン受け入れていたら、
取り返しのつかない事になると思う。

日本を頼ってきてるのだから早く助けてあげればと思うけど、
その人たちが日本人が払ってる税金で生活保護をうけるのかと思うと
収容施設のほうがマシに思えてしまう。
簡単に入国できて生活が保障されるから人数が増えたのだろうから
厳しいとは思わない。

もしかしたら日本のどこかで暮らすより
ここはきれいで医療の人もいてよいところかもしれない。
入国は厳しくしていっていい。

何か問題があるから難民に認定してもらえないんでしょ。
ここなら食事は出るし、寝る場所もあり、雨風はもちろんしのげる。
認定してもらって外に出た方が厳しいかも知れませんよ。

この件関してもほかの国よりきちんとした施設、
法に基づいての姿勢全てトップクラス対応ですよ
長引くのはそれなりの理由があるからです
誰もかれも難民を受け入れたらだと思うと
日本国民としてゾッとします

どうやって日本まできたのだろう?

ヨーロッパの様にならないようにしましょう。

なぜそんなに長期になるんだろう? そこが知りたい。
施設に入っている人も辛いし、
そのために多大な税金が使われているのも納得いかない。

以前確かテレビで見ましたが、難民申請不受理の外国人を、
その外国人の国に日本側が送還手続きをしても、
相手国が知らん顔で返事をしてこないので、
帰らせる事が出来なくて困っていると放送していました。
返事を待たないと送還できないシステムみたいです。
全ての国ではないけど、返事をしてこなかったり、
返事に何年もかける国があるそうです。
インタビューを受けていた施設担当者の方が、
相手国に許可がないと送還できないシステムを、
早急に変えないとどうしようもないと言ってました。
知らん顔の相手国は、日本で一人でも面倒見てくれたら助かるな~
程度にしか考えてないと思います。

共通テーマ:blog
前の1件 | -